編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

農業支援事業を行うSAgri株式会社が資金調達を実施。母校である横浜国立大学の授業にて、代表の坪井がグロービス・キャピタル・パートナーズの高宮氏と登壇。

SAgri株式会社

From: PR TIMES

2019-01-15 13:40

農業支援事業を行うSAgri株式会社(本社:兵庫県丹波市、代表取締役社長:坪井俊輔、以下「サグリ」)は、株式会社アラン・プロダクツ(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:花房弘也)花房弘也氏および株式会社グローカリンク(本社:東京都新宿区、代表取締役:長谷川 和宏)を引受先とした第三者割当増資による資金調達を昨年、実施した。
花房弘也氏はSAgri代表である坪井俊輔の大学の先輩起業家にあたる存在で、今年の1月15日16:15より横浜国立大学における「ベンチャーから学ぶマネジメント」に登壇し、株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズ 高宮慎一氏とのパネルディスカッションにおいて、本授業の受講学生300名に、事業詳細や資金調達にいたるまでの詳細を発表する。



[画像: (リンク ») ]

サグリは農業支援プラットフォームSagriの運営を行う会社で、今年の春先に農業支援プラットフォームSagriのβ版をリリースする予定となっている。
サグリは、2018年500 Kobe 第3期アクセラレーションプログラムに採択された農業支援プラットフォームの運営を行う企業であり、日本総研主催の未来2019の最終選考選抜企業でもある。

また、2月には以下で代表の坪井による登壇が決定している。
2月2日 40億人のためのビジネスコンテスト
2月25日 未来2019 最終選考会
2月25日 みんなの夢Award9

会社概要および本件に対するお問い合わせ先は以下の通りです。

◆会社概要
会社名 : SAgri株式会社
ヨミ:サグリ
URL: (リンク »)
本社所在地: 兵庫県丹波市氷上町常楽725-1
代表取締役: 坪井 俊輔
設立 : 2018年6月
資本金:3,000,000円
事業概要 : 農業支援プラットフォームSagriの運営

◆本件に対するお問い合わせ先
メールアドレス:tsuboi-shunsuke@sagri.tokyo
担当者    :坪井 俊輔

ーーーーーーーーーー

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]