【先行100教室を大募集!】 新コンテンツをお探しの事業者様へ、4月開校・コース開設に最適なロボットプログラミング教室のための課題集発売!

アフレル 2019年01月15日

From PR TIMES

組み立て・機構に特化した「EV3 動くしくみ編」/季節を感じ、ロボットづくりを楽しむ「WeDo 2.0課題集」

株式会社アフレル(福井県福井市、代表取締役社長 小林靖英)は、ロボットプログラミング教室を展開する事業者を対象として、4月開校・コース開設に向けた新たなコンテンツ「EV3(※1)課題集 動くしくみ編」、「WeDo 2.0課題集」の2種( (リンク ») )を発売することを発表いたします。



[画像: (リンク ») ]


小学校における新学習指導要領全面実施、プログラミング教育必修化まで残すところ一年余りとなりました。課外活動としてのプログラミング学習はますます注目を集め、子どもにプログラミングを習わせたいと思う保護者が97%に上るという調査(※2)からは子育て世代の皆さまの関心が非常に高いことが分かります。

今般発売する2種の課題集は、多段階の課題を提供することにより受講者の満足と理解度をサポートできる内容で、4月に向け新たにプログラミング教室を開校、プログラミングコースを開設する事業者に加え、既に教室を運営している事業者にとっても、生徒の学びを見える化し、保護者の理解につながる学習素材と言えます。「EV3課題集 動くしくみ編」、「WeDo 2.0課題集」に登場する組み立てモデル(ロボット)は、全て本課題集のためのオリジナルモデルで、アフレルだけのご提供です。

ロボットプログラミング教室向け課題集の特長


達成感の積み重ねで、受講者の学習意欲が持続
課題一覧表や受講者用プリントを通して、お子様の到達度を保護者が実感
受講者の進捗度に合わせて選べる課題で、アダプティブラーニングを実現


EV3課題集 動くしくみ編
「EV3課題集 動くしくみ編」は、教室運営者の声から生まれた新しい課題集です。EV3を使ったロボットの組み立て、機構、動きのしくみに焦点を当て、ハードウェア(筐体)とソフトウェア(プログラム)が一体となって動作するロボットをより深く学ぶことができます。これまで提供してきた「EV3課題集 プログラミング編」と合わせて活用することで、学習の継続と発展的な内容への動機づけも可能です。

【商品内容】


課題一覧表(16モデル)
※組み立て、機構の学習に最適なモデルを詳しく解説。(例)速く走る車、つかむしくみ等
指導者用プリント解答例
受講者用プリント
サンプルプログラム
組み立て図


WeDo 2.0課題集
「WeDo 2.0課題集」は、より低年齢(5歳~)のお子さまを対象として、ロボットづくりに触れ、プログラミングを楽しみながら学ぶことに主眼を置いた内容です。一年を通して月ごとの行事や季節を感じさせるシーズン課題(12ケ)と、学びを応用して取り組むステップアップ課題(12ケ)を用意しています。

【商品内容】


課題一覧表(シーズン課題 12ケ、ステップアップ課題12ケ)
シーズン課題にはテーマとしている行事や季節の解説も含まれます。(例)ししまい、ひなまつり等
指導者用プリント解答例
受講者用プリント
サンプルプログラム
組み立て図


【提供方法】


課題集に係るサービスは全て指導者用のWEBサイトを通じたご提供となります。


【活用シーン】


日頃の学習成果をスモールステップで確認する機会として
長期休暇期間(春休み、夏休み、冬休み)における講習用として
教室内の記録会や体験会など、イベント課題として


【お問合せ先】
*関心をお持ちの皆様へ
2~3月に東京、愛知、大阪、広島にて開催する「こどもロボットプログラミング教室 全国縦断 事例・開設セミナー」( (リンク ») )にて、課題集を詳しくご紹介します。どうぞお越しください。

*今すぐ課題集を使いたい事業者様へ
ライセンス利用料、契約に関するお問い合わせはフォーム( (リンク ») )よりお寄せください。

※1:EV3
教育版 レゴ(R) マインドストーム(R) EV3は、MIT(マサチューセッツ工科大学)とレゴ社の協力により開発されたロボットプログラミング教材で、発売から20年を経過し、これまで世界70カ国以上、5万以上の教育機関で採用されています。CPUを内蔵したインテリジェントブロックとセンサーやモーター、ギアで自在にロボットを組み立てられ、作成するプログラムによって自律制御が可能で、科学技術、ロボティクス、コンピュータ教育を強力にサポートする教材です。

※2:小学校プログラミング必修化に関する保護者アンケート  (リンク »)

【株式会社アフレルについて】
明るい未来社会づくりに向けて、家庭・学校・企業まで幅広い層に向け教育支援サービスをご提供します。最新のテクノロジー、特にロボット技術を駆使して、ソフトウェア開発過程や成果の「見える化」、そして教育効果の「見える化」をロボットの動きで実現し、知的な感動を生む新しい教育サービス・教材の企画・開発・販売により人材育成の現場のみなさまを支援します。

(C)LEGO, the LEGO logo, MINDSTORMS and the MINDSTROMS logo and the Minifigure are trademarks of the LEGO Group.(C) 2019 The LEGO Group. 

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]