「BCN AWARD 2019」ソースネクストグループ全体で5部門、最優秀賞を受賞 1月15日(火)発表

ソースネクスト株式会社 2019年01月15日

From PR TIMES

 ソースネクスト株式会社(本社:東京都港区東新橋1-5-2 汐留シティセンター33階 代表取締役社長:松田 憲幸)は、
株式会社BCN主催の「BCN AWARD 2019」において、ソフトウェア32部門中、「トレーニングソフト」、「文書管理ソフト」、「携帯電話ソフト」の3部門で最優秀賞を受賞いたしました。
 なお、グループ会社の株式会社筆まめは、「葉書・毛筆ソフト」、「DTPソフト」の2部門を受賞し、ソースネクストグループとして計5部門で最優秀賞を受賞いたしました。




[画像: (リンク ») ]

【 各受賞部門の代表製品 】
■ソースネクスト株式会社
<トレーニングソフト部門> ※18年連続19回目の受賞
「特打」シリーズ:タッチタイピングを楽しみながら身につけられます。
(リンク »)

<文書管理ソフト部門> ※16年連続16回目の受賞
「いきなりPDF」シリーズ:PDFの作成・変換・編集・抽出が簡単、スピーディに行えます。
(リンク »)

<携帯電話ソフト部門> ※7年連続17回目の受賞
「携快電話」:ケータイやスマホのデータをパソコンで保存・編集し、書き戻せます
(リンク »)

■株式会社筆まめ (ソースネクスト100%子会社)
<葉書・毛筆ソフト> ※20年連続20回目の受賞
「筆まめ」:年賀状ソフト最多のデザイン・イラストを45万点収録し、はがきや住所録を簡単に作成できます。
(リンク »)

<DTPソフト> ※10年連続10回目の受賞
「パーソナル編集長」:テンプレートを選び、文字や画像を入れるだけで本格的な新聞、チラシ、冊子が作成できます。
(リンク »)

グループ全体として計5部門で最優秀賞をいただきましたのも、ひとえにパソコンソフトユーザーの皆様からのご支持の賜物と考え、今後もお客様へ高品質かつ低価格なパソコンソフトの提供を続けてくとともに、業界の発展に寄与・貢献して参ります。

【 「BCN AWARD」について 】
「BCN AWARD」は、全国主要家電量販店・パソコン専門店、インターネット通販店 2,654店のPOSデータを集計する株式会社BCNが、そのデータをもとに、主要117カテゴリ別に年間(1月1日~12月31日)販売台数第1位のベンダーを表彰する制度です。受賞社の決定にあたっては、5名の有識者からなる認証委員会を設置し、委員会の認証を経る公正な評価システムを導入しています。

<実売データ提供販売店>
アベルネット、アマゾンジャパン、エディオン、NTTレゾナント、ケーズホールディングス、コジマ、サードウェーブ、サンキュー、上新電機、スタート、ストリーム、ソフマップ、ZOA、ナニワ商会、ビックカメラ、ピーシーデポコーポレーション、Project White、ベスト電器、三星カメラ、ムラウチドットコム、MOA、ユニットコム、ラオックス、楽天(50音順)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]