編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

不揃いオーガニック野菜のみを販売する通販サイトオープン

株式会社Food Revolution

From: PR TIMES

2019-01-16 11:40

栃木県上三川町のオーガニック農家よっつば農園が作る不揃いな野菜を一般社団法人食べるトレーニングキッズアカデミーのECサイトで販売開始

「一般社団法人食べるトレーニングキッズアカデミー協会」を運営する株式会社Food Revolution(本社:東京都中央区 代表取締役:ギール里映)は、食べて笑顔になれる野菜作りをしている、よっつば農園(栃木県 河内郡上三川町西汗)の不揃いなオーガニック野菜を定期配送するサービスを2019年1月に開始いたしました。



[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]


■日本の有機食品の市場は欧米の1/10以下。食品市場のシェアは1%と言われています。
2010年世界農林センサスの統計では、日本の全農家数に対して、有機栽培農家は0.5%となっています。
新規就農希望者の93%が有機栽培をやりたい、または興味があると回答するものの、ほ場の問題、小ロットであることから大規模流通にのせにくい、宅配便等の価格上昇など販売価格にはね返ってしまい、結果的に「有機農産物=高いもの」という課題があるのが現状です。

安心・安全・美味しいもの、身体に良い野菜、食べて笑顔になれる野菜を送り出すことをこころがけてきたよっつば農園。そのためどうしても、形が不揃いになってしまい、美しい状態ではなく、市場では「規格外」として安値で出荷、または廃棄処分しかなく、廃業寸前に追い込まれていました。

■「野菜にも個性がある」 サービス開始の経緯
ひとくちに野菜と言っても、育った環境によって、色や大きさ味も変わりますが、それが本来ある野菜の形であることを知っていたことから、販売やマーケティングなど、それまでよっつば農園が苦手としていたことを弊社でひきうけ、生産者と消費者をつなぐ役割をするためにECサイトを作りました。
少量での試験販売を繰り返し、30名以上の方にご注文いただき、2019年1月に正式に定期便としてスタートさせました。

■定期便の内容と金額
定期便は季節によって届けられる野菜の種類が変わります。
年間50種類のオーガニック野菜を6~8品、毎週金曜日に
お届けいたします。
[画像3: (リンク ») ]


月1回 6,552円(税、送料込)
月2回 12,024円(税、送料込)
月4回 22,752円(税、送料込)
からお選びいただけます。

◎詳細ホームページ  (リンク »)


■「一般社団法人食べるトレーニングキッズアカデミー協会」とは

[画像4: (リンク ») ]


2018年2月1日に設立した当協会は「食の力を使いこなし自らの夢を叶える
子どもたちを育成すること」を理念としている協会です。
現在、日本中に約100人のインストラクターをかかえ、
受講生は2600人を突破しました。(ホームページ: (リンク ») )

■「株式会社Food Revolution」について
商号  : 株式会社Food Revolution
代表者 : 代表取締役 ギール里映
所在地 : 〒107-0062 東京都港区南青山3丁目1−3 スプライン青山東急ビル6F
設立  : 2018年9月13日
事業内容:(一社)食べるトレーニングキッズアカデミー協会運営
食に関するコンテンツ開発、業務提携
講座・スクール・イベントの企画立案、運営
インストラクター・講師の育成、養成、マネジメント
起業家・経営者向けのビジネスコンサルティング
資本金 : 100万円
URL  : (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]