編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

ワウテック株式会社(WowTalk)の「アサヒカワ×テレワーク~テレワークエキスポ2019 新しいワークスタイルのご提案~」への出展が決定

ワウテック株式会社

From: PR TIMES

2019-01-16 12:40

(リンク »)

ワウテック株式会社(東京都中央区、代表取締役 瀬沼悠 以下、「ワウテック」)のサービス、ビジネスチャット「WowTalk(ワウトーク)」は、2019年1月31日に北海道旭川市(以下、「旭川市」)で開催されるイベント「アサヒカワ×テレワーク ~テレワークエキスポ2019 新しいワークスタイルのご提案~」に出展することが決定しました。

イベント当日は、現在利用社数3,000社超を誇るビジネスチャット・社内SNS「WowTalk(ワウトーク)」をご紹介させていただきます。



◆「アサヒカワ×テレワーク~テレワークエキスポ2019 新しいワークスタイルのご提案~」イベント概要

[画像1: (リンク ») ]


当イベントは旭川市が主催し、働き方改革推進の一貫である“柔軟な働き方の実現”を目的として開催されます。

当日は、テレワークやクラウドワークを促進するサービス、ビジネスチャットやWeb会議システム、勤怠管理システムなどのツールベンダー20社が集まりブースを出展し、業務効率化や業務用デバイスのデータ管理などに関するミニセミナーも開催される予定です。

北海道を拠点とする企業はもちろん、会場近くまで来られる方は、ぜひ弊社ワウテックのブースにお越しください。

※イベントの詳細につきましては下記を参照ください
[表: (リンク ») ]



▼イベントの詳細はこちら▼
(リンク »)

▼申込みフォームはこちら▼
(リンク »)

◆WowTalk(ワウトーク)サービス概要

[画像2: (リンク ») ]

(リンク »)

ワウテックが開発・提供する「WowTalk(ワウトーク)」は、「言語」「距離・時間」「個性」「温度・感情」「経験」という5つの角度からビジネスシーンにおけるコミュニケーション課題をクリアし、さらに生産性向上を目指す「Communication-Rebuild」をコンセプトに開発されたビジネスチャット・社内SNSです。

働く環境を選ばず、いつ・どこにいてもスマートフォンやPCから、メッセージやスタンプ、画像ファイル、ドキュメントファイルなどのやりとりが可能です。これまでに3,000社以上の導入実績を持ち、「トーク」「共有(タイムライン)」「無料通話」「タスク管理」という基本機能、そのほかにもメンバーリスト、ファイル送受信、外部サービス連携など機能が充実しております。

また、WowTalkは管理機能が充実しており、管理者が全社員のIDとパスワードを発行し、社員アカウントを一括管理することが可能です。必要に応じて各種機能の有効範囲を個人単位で指定でき、重要な機密を扱う業種や情報の統制が必要な中・大企業でも安心してお使いいただけます。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]