編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

賃貸スマートホームセキュリティ「leafee (リーフィー)」を提供のStrobo社、賃貸管理会社向けサービス「Roomio」を「leafee for 賃貸」へ改称

株式会社Strobo

From: PR TIMES

2019-01-16 15:40

合わせて、春の入居者様の入れ替わりシーズンに向け管理会社様向け新機能「(アプリ内からの)退去申し込み機能」のリリースをお知らせします。

IoT防犯センサーを活用した、あとづけで自分で簡単に導入できるスマートホームセキュリティ「leafee (リーフィー)」を提供する株式会社Strobo(以下、当社)は、leafeeとは別ブランドで提供してきた賃貸管理会社向けのスマートホームセキュリティサービスを「leafee」ブランドに統一し「leafee for 賃貸」とサービス名変更したことをお知らせします。



[画像1: (リンク ») ]

leafee for 賃貸サービスサイト: (リンク »)
leafee(リーフィー)サービスサイト: (リンク »)

当社は一般消費者向けのスマートホームセキュリティアプリ「leafee(リーフィー)」と、賃貸管理会社向けのスマートホームプラットフォームサービス「Roomio(ルーミオ)」の2事業を展開して参りました。
このたび賃貸管理会社向けサービスをleafee(リーフィー)ブランドに変更・統合し、「leafee for 賃貸」とサービス名を変更します。

■ ブランド統合の背景
今回のブランド統合により「賃貸・一人暮らしのためのホームセキュリティ = leafee」というブランド構築を進め、アプリを利用する賃貸住宅の入居者様の暮らしに一層の安心・安全を提供します。

■ leafee for 賃貸新機能「退去申し込み」機能の提供
サービス名の変更に合わせ、「leafee for 賃貸」で提供する入居者アプリに退去申し込みの機能を追加するアップデートを行います。
[画像2: (リンク ») ]

「leafee for 賃貸」で提供する入居者様向けのアプリの中から、管理会社様に対して退去申し込みをできる機能の提供を開始しました。
春の入居者様の入れ替わりのシーズンに向けて、申し込み関連の作業の効率化、ペーパレス化を実現します。

今後も当社では、スマートホームセキュリティおよび管理会社と入居者のコミュニケーション機能など、賃貸生活に便利さ・快適さをもたらす様々なサービスを提供するためのサービス開発を進めて参ります。

【leafee for 賃貸について】
leafee for 賃貸は、賃貸管理会社様のための入居者向けスマートホームアプリ開発・運営プラットフォームです。

管理会社様はleafee for 賃貸を利用することで、スマートホームセキュリティ機能やチャット問い合わせ・お知らせ配信などのコミュニケーション機能を備えた入居者向けアプリを管理物件の入居者に提供することができます。

■ leafee for 賃貸の特徴
1. スマートホームセキュリティ
スマートホームセキュリティサービス「leafee(リーフィー)」と同様に、アプリで家中の戸締まりのチェックができます。外出中にセンサーが異常を検知した場合にはスマートホームハブが警報ブザーで侵入者を威嚇し(*)、スマホに通知が届きます。

* 警報ブザー機能は2019年1-2月のファームウェアアップデートで提供を予定しています。

IoTを活用した防犯センサーとホームハブにより工事不要で利用開始できるため、賃貸や一人暮らしでも簡単に導入できることができます。

2. 入居者コミュニケーション
入居者が困ったことがあればチャットで管理会社様に問い合わせることができます。また、定期点検のお知らせなどを配信する際、マンションごと、特定の入居者ごとなどお知らせの配信範囲を選択してお知らせを配信することができます。これまで電話やポスティングによって行われていたコミュニケーションをアプリでスムーズにします。

3. 管理会社様ブランドでのアプリ提供も可能
管理会社様のブランドでアプリ提供をすることもできます。
利用継続率・起動率の高いスマートホームセキュリティアプリが入居者様との強力な接点となります。


【退去申し込み機能の提供について】
leafee for 賃貸事業で提供される入居者向けアプリに、退去申し込みの機能が追加されます。

退去申し込みの機能を利用することで、leafee for 賃貸のアプリを利用する入居者はこれまで手書きの解約申請書の郵送やFAXで行っていた解約手続きをスマホアプリで完結できるようになります。

また解約を受け付ける管理会社も、申請書をなくしてしまた入居者への申請書再手配や、情報不足・文字が読み取れないための電話連絡などの業務負担を軽減することができます。

サービスを利用する管理会社ごとにリリース準備を行い、準備ができ次第、入居者への提供が開始されます。


【その他の情報】
■ スマートホームセキュリティ「leafee (リーフィー) 」について
スマホ・インターネット連動の防犯センサーを活用したホームセキュリティサービスです。スマホで使いやすい、工事不要で自分で簡単に導入できるのが特徴で、賃貸や一人暮らしでも気軽に利用できるホームセキュリティサービスです。

leafee (リーフィー) サービスサイト: (リンク »)

■ 株式会社Stroboについて
Stroboは、「日常生活で使われ続けるIoT製品をつくる」を理念に、家庭向けに、お求めやすい価格のIoT製品を開発するIoTスタートアップです。

本社: 〒113-0033 東京都文京区本郷 4-1-3
代表: 代表取締役 業天 亮人
創業: 2015年2月
事業内容: IoTを活用した家庭向け防犯製品・サービスの企画・開発
Webサイト: (リンク »)
連絡先: info@strobo.io

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]