編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

DJIとAUVSI、第2回 XPONENTIAL Humanitarian Awards 応募開始

DJI JAPAN株式会社

From: PR TIMES

2019-01-16 18:40

無人化技術の優れた取り組みをたたえるアワード

無人化技術分野のリーダーたちが集う年次開催の国際展示会「AUVSI XPONENTIAL」で、第2回「AUVSI XCELLENCE Humanitarian Awards」への応募が開始されました。⺠生用ドローンと空撮 テクノロジーで世界をリードする DJIとAUVSI(Association for Unmanned Vehicle Systems International)が主催するこの賞は、無人化技術を利用し、世界中の人道的な活動や慈善活動で著し い影響を与えた組織または個人を表彰し、業界全体へと発信するものです。

「2018年に開催された第1回『AUVSI XCELLENCE Humanitarian Awards』は、人道支援活動への情熱と世界の問題を斬新かつ革新的な方法で解決するビジョンを持った、傑出したリーダーたちの素晴らしい功績を知る機会を与えてくれました。そんなリーダーの活躍を世界は知る必要があります。私たちのパートナーであるDJIと共に次世代の素晴らしい人道的プロジェクトを、皆さんに共有していきます。」とAUVSIの社長兼最高経営責任者(CEO)、Brian Wynne氏は述べています。

「Humanitarian Awards」は、2019年4月29日から5月2日の期間に、米国シカゴのマコーミックプレイスで開催される「AUVSI XCELLENCE Awards」の特別枠です。無人化技術の分野での素晴らしい業績を表彰する機会として、「AUVSI XCELLENCE Awards」は、経済、ライフスタイル、そして社会に役立つ技術とソリューションをハイライトし、14のカテゴリーにわたる受賞者を発表します。受賞者には、25,000ドルの寄付が行われ、表彰されます。

2018年初開催の「AUVSI XCELLENCE Humanitarian Awards」は、ハリケーン被害を含む災害復旧や捜索救援活動、ハザードマップの作成、医薬品の輸送など、ドローンを活用して危機的な人命救助活動を実施した5つの組織に授与されました。受賞者たちは、このアワードの受賞が、今後も革新を続ける活力となり、さらに、継続的な活動への資金調達にも役立ったと述べました。

「DJIは、飛行の才能を持つあらゆる人に力を授けるために創設されました。私たちは、DJIのテクノロジーが世界中の様々なユーザーに受け入れてもらえたことを、幸運だと思っています。2018年、『Humanitarian Awards』をAUVSIとの協力によりご紹介できたことで、無人化技術を革新的なものであるだけでなく、人生を一変させるような技術にしようとする人たちへフォーカスすることができました。今年の『Humanitarian Awards』では、どの様な驚くべき事例を紹介できるのか、非常に楽しみにしています。」と、DJI の北米担当副社長兼カントリーマネージャー、Mario Rebello は述べています。

「AUVSI XCELLENCE Humanitarian Awards」へのお申込みは開始しております。
ご興味をお持ちの場合、以下の情報をご確認ください。


お申し込みサイト: AUVSI XCELLENCE Award 2019 ウェブサイト(英語のみ) (リンク »)
申し込み締切日: 2019年2月6日
申し込み費用: 無料
Humanitarian Awards 受賞者の発表: 2019年5月2日(AUVSI XPONENTIAL 3日目)



「AUVSI XPONENTIAL 2019」は、無人システムとロボット産業の最大規模の展示会です。2019 年の展示会来場者は、8,500人の専門家と、700を超える出展者と交流することができます。さらに、今後の無人システムに関する方策や、技術、ビジネスソリューションやトレンドなどについて、100時間を超る学習の機会があります。
詳細情報とご登録については、 (リンク ») (英語のみ)でご確認ください。

AUVSI(Association for Unmanned Vehicle Systems International)
AUVSIは、無人システムとロボット社会の発展に専念する世界最大の非営利団体です。政府機関、産業界、学界からの7,500人以上の会員にサービスを提供し、無人システムとロボット技術の育成、開発、推進に取り組んでいます。AUVSIの会員は、防衛分野、⺠間市場、商業市場で業務にあたっています。
詳細情報については、 (リンク ») (英語のみ)でご確認ください。

DJIについて
民生用ドローンと空撮技術で世界をリードするDJIは、リモート操縦できるマルチコプターの実現に情熱を注ぐスタッフにより創業、運営される、飛行制御技術と手ぶれ補正のエキスパートです。DJIは、プロ、アマチュアユーザーのために、革新的なドローンとカメラ技術を開発、製造しています。DJIは、世界中のクリエイターやイノベーターにとって、空撮技術とツールがより身近で使いやすく、安全になるよう取り組んでいます。現在、北米、ヨーロッパ、アジアに拠点を構え、世界100ヵ国を超えるユーザーが、映画制作、建設業界、災害対策や人命救助、農業、管理保全など多くの産業分野においてDJIの製品を愛用しています。

www.dji.com/jp | facebook.com/dji.jp | twitter.com/djijapan | youtube.com/DJIJapan | instagram.com/dji_japan | www.linkedin.com/company/dji
(C) 2019 DJI JAPAN.記載されている会社および商品名は、各社の商標または登録商標です。



プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]