企業口コミサイトキャリコネ「販売系職種の残業が少ない企業ランキング」を発表

株式会社グローバルウェイ 2019年01月17日

From PR TIMES

1位DHC「接客が伸びない限り定時退社可能」

年間2000万人が訪れる企業口コミ・給与明細サイト「キャリコネ」( (リンク ») )(運営:株式会社グローバルウェイ、本社:東京都港区、代表取締役社長:各務正人)は、「販売系職種の残業が少ない企業ランキング」を発表します。



飲食業を含む小売業界で主に活躍する「販売系職種」。直接カスタマーと接する機会の多いショップスタッフやフロアスタッフ、ホールスタッフなどが想像しやすいでしょう。その他にも、調理スタッフや店舗の売上・労務管理等を担う店長、担当店舗の売上アップに向けてアドバイスを行うスーパーバイザー、新店舗を出店する際のマーケティング等を行う店舗開発などが含まれます。

特に人手が不足している店舗の場合、「休みが少ない」「残業が多い」状況になりがちなイメージもありますが、販売系職種の残業時間*が短いのはどの企業なのでしょうか? 「キャリコネ」の職種「販売系」のユーザーが投稿したデータをもとに、残業時間が短い順にランキング化しました。トップ5入りした企業に寄せられた口コミもあわせてご紹介します。

*本ランキングの残業時間とは、キャリコネ会員のうち勤務先を評価対象企業に選択した会員が投稿した残業時間から算出したデータとなります。

【販売系職種の残業が少ない企業ランキング】

[画像1: (リンク ») ]

1位:DHC(ディーエイチシー)(残業3.9時間/月)
――天然成分のみで作った美容オイルなど、肌に優しい化粧品を開発・販売。通販化粧品&健康食品売上1位。「ショップアテンダント」は地域限定正社員として働くことも可能

「業務時間内で仕事が終わればいいが、終わらないときや、やむを得なく残業する際は上に承認を取り許可を貰ってから残業ができる」
(ショップスタッフ/20代後半女性/年収338万円/2017年度)

「接客が伸びない限り定時退社可能です。早番と遅番で店舗を回しています」
(ショップスタッフ/20代後半女性/年収322万円/2018年度)

2位:オンワード樫山(残業7.0時間/月)
――「23区」「組曲」などの有名ブランドを持つ。総合職ではマーチャンダイザー、技術職では販売職であるファッションスタイリストなどの職種がある

「基本的にお客様がいての仕事になりますので、休日や残業は繁忙期にあわせてとる感じでした。残業代などは大きい会社になるので法的にもしっかりと支払われていたと思います」
(ショップスタッフ/30代前半女性/年収250万円/2013年度)

「残業はほとんどないので働きやすい環境でした。ただショップにより、年末年始休めないこともあり」
(ショップスタッフ/20代後半女性/年収258万円/2014年度)

3位:ワールドストアパートナーズ(残業8.1時間/月)
――60ブランド・2500店舗を抱える総合ファッションアパレルのワールドグループに属し、販売・店舗開発・運営等を担う。家庭との両立支援制度が充実し、多彩なキャリアパスも用意

「残業、休日出勤はほとんどなし。繁忙期は連勤になるが、シフトを作る店長次第です。プライベートと仕事のバランスもよく、家に持って帰って仕事をすることをよく思っていない上司も多かったので、職場で時間を貰って資料作りなどしていました」
(店長/30代前半女性/年収320万円/2017年度)

「残業は配属されるブランドにもよると思いますが、セール期等のときは多少なりとも残業は発生します。しかしセール期が終われば時間も余裕ができるため、よほどのことがない限り残業することはないと思います。休日出勤は人が足りずどうしても必要なときはあるかもしれませんが、代わりに代休を取るようになってました」
(店長/30代前半男性/年収280万円/2014年度)

4位:ストライプインターナショナル(残業10.6時間/月)
――岡山県発のアパレル、ライフスタイル事業等を展開する企業。ベトナムへの進出にも積極的。女性の活躍支援策や多様な休暇制度を設けており、終身雇用制度の強化に注力

「休日出勤もほぼなく、会社全体で残業をしないよう働きかけているので割と早く帰れるとは思いますが、配属される店舗にもよります。忙しい店舗だと営業中にできない作業などは閉店後になってしまうので繁忙期などは作業が増え多少残業になってしまいます」
(店長/30代前半女性/年収270万円/2013年度)

「店舗によりけりですが、人員がいれば残業は繁忙期以外だとだいたい10時間~15時間程度、下位スタッフだとほとんど定時に帰宅できます。人員がいない店舗でも残業は20時間以内だと思います。休日出勤については、繁忙期以外だとないに等しいです。繁忙期は12月~1月の2か月です」
(店長/20代後半女性/年収330万円/2016年度)

5位:H&M ヘネス・アンド・マウリッツ・ジャパン(残業11.8時間/月)
――スウェーデン発の世界的アパレル企業。店舗では、「セールスアドバイザー」「フロアマネージャー」「ビジュアルマーチャンダイザー」などの職種がある

「日本の企業のように残業=評価には繋がらない、基本的に社風として残業は推奨していないし評価が下がる一因となってしまう。オフィススタッフに関してはもちろん各部署によって繁忙期が違うため、繁忙期には残業することもあるが、日常的に残業することはなく、定時に帰るスタッフがほとんどです」
(ショップスタッフ/30代前半女性/年収350万円/2016年度)

「残業は基本的に認められない。販売スタッフクラスでは残業は一切ない方針を会社全体でとっていた。しかしマネージャークラスになると業務量によっては残業せざるを得ない場合もあった。所属している店舗にもよる」
(店長・店長候補/30代前半男性/年収300万円/2015年度)

ランクインした企業の口コミをもっと見る


DHC(ディーエイチシー): (リンク »)
オンワード樫山: (リンク »)
ワールドストアパートナーズ: (リンク »)
ストライプインターナショナル: (リンク »)
H&M ヘネス・アンド・マウリッツ・ジャパン: (リンク »)

ーーーーーーーーーーーーーーーー
<調査概要> 「販売系職種の残業が少ない企業ランキング」
調査対象:『日経業界地図 2018年版』(日本経済新聞出版社)に記載があり、対象期間中に「キャリコネ」に職種「販売系」のユーザーから給与・残業情報が10件以上寄せられた企業
対象期間:2016年4月1日~2018年3月31日
回答者:キャリコネ会員のうち勤務先を評価対象企業に選択した会員
※本ランキングはユーザーが投稿したデータをもとに作成しており、企業が公開している残業時間データとは乖離がある場合があります
ーーーーーーーーーーーーーーーー

キャリコネでは、さまざまな属性別に残業時間ランキングを紹介。企業の休日出勤・残業に関するユーザーの口コミや、給与明細の時間外手当の額といった詳細情報も多数掲載しています。
[画像2: (リンク ») ]

ーーーーーーーーーーーーーーーー
【キャリコネについて】
キャリコネは社員の皆様が投稿した企業に関する口コミ、年収情報、面接体験などを共有するサイトです。
社員が企業についての正直な意見を挙げられること、そしてその率直な意見を皆で共有することで、働く人と企業の両方の繁栄を目指しています。
URL: (リンク »)

【株式会社グローバルウェイについて】
本社:〒105-0013 東京都港区浜松町1-7-3 第一ビル
代表者:代表取締役社長 各務正人
設立:2004年10月
URL: (リンク »)
事業内容:
1. ソーシャル・ウェブメディア事業
企業の口コミ情報「キャリコネ」、転職サイト「キャリコネ転職」、ニュースサイト「キャリコネニュース」など運営。
2. ビジネス・ウェブアプリケーション事業
企業のグローバル展開のための業務アプリケーション導入コンサル、ソフトウェア設計・開発・サポートサービス「Globalway.tech」を提供。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]