編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ハカルスとPALTEK、エッジ学習が可能なFPGA向けAIソリューション「HACARUS-X Edge」を共同開発~ザイリンクス社のZCU104評価キットのユーザーには2019年3月末まで無償提供~

ハカルス

From: PR TIMES

2019-01-17 07:00



人工知能のパッケージを開発・展開する株式会社ハカルス(本社:京都市中京区、代表取締役:藤原健真)とFPGAの受託設計・開発支援を行う半導体商社の株式会社PALTEK(本社:横浜市港北区、代表取締役社長:矢吹尚秀、証券コード:7587)は製品開発のために協力開発体制を構築していましたが、この度エッジ学習が可能なFPGA向けAIソリューション「HACARUS-X Edge」を共同開発し、2019年1月より提供を開始しましたので、お知らせします。

HACARUS-Xは、現在の主流であるディープラーニングを使わない軽量な人工知能パッケージで、少ないデータから特徴を抽出することに優れるスパースモデリング技術を機械学習に応用したものです。ハカルスとPALTEKは、ザイリンクス社のSoCであるZynq(R) UltraScale+™ MPSoC ZCU104 評価キットにHACARUS-Xを移植することで、FPGA上で学習と推論の両方を実行するAIソリューション「HACARUS-X Edge」を共同開発しました。

HACARUS-X Edgeは、クラウドに接続せずオフラインで動作するAIソリューションで、一般的なディープラーニングとは異なり、エッジ側で学習も推論も実行することができるのが特徴です。これにより、さまざまな機器のセットアップやメンテナンスを簡略化することが可能になります。HACARUS-X Edgeの第一弾として、画像解析をターゲットとした機能を提供します。
[画像1: (リンク ») ]

■想定されるユースケース

産業分野における、HACARUS-X Edgeのユースケースとしては以下が想定されます。

【外観検査】
製造プロセスにおける品質管理に適用することで、不良品を検知した際にアラートを受けることができます。

【監視】
施設内での不審な動きや特定の領域への侵入を検知することができます。

【訪問者の統計】
施設に出入りしている訪問者の数や滞在時間などの統計情報を取得することができます。

【交通量の監視】
道路の混雑状況や、駐車場の空いている場所の検知といった用途でも活用できます。

なお、AIソリューション(ソフトウェア)はハカルスから提供され、Zynq UltraScale+ MPSoC ZCU104 評価キット(ハードウェア)はPALTEKから提供されます。Zynq UltraScale+ MPSoC ZCU104 評価キットの詳細は、ザイリンクス社のウェブサイト (リンク ») にてご確認ください。

また、HACARUS-X Edgeの評価については、以下のいずれかの解像度をサポートするDisplayPortまたはHDMI入力のモニターが必要になります。

・3840×2160
・1920×1080
・1280×720
[画像2: (リンク ») ]

■3ヶ月間限定の無償提供

2019年1月から3月末まで、PALTEKからXilinx Zynq UltraScale+ MPSoC ZCU104評価キットを過去に購入した法人ユーザーに対して、HACARUS-X Edgeを無償で提供します。これにより、同評価キットの法人ユーザーは、追加のハードウェアの購入なしに、今すぐにHACARUS-X Edge評価を始めることが可能です。なお、申し込み時には会社名、評価キットの購入に関する情報などが必要になります。
申し込み方法は、ウェブサイト (リンク ») をご覧ください。

■株式会社PALTEKについて

PALTEKは、1982年の創業以来、日本のエレクトロニクスメーカーに対して国内外の半導体製品の販売のほか、ハードウェアやソフトウェア等の設計受託サービスも提供し、お客様の製品開発のパートナーとして仕様検討から試作開発、量産までサポートしています。PALTEKは、「多様な存在との共生」という企業理念に基づき、お客様にとって最適なソリューションを提供することで、お客様の発展に貢献してまいります。
PALTEKに関する詳細は、ウェブサイト (リンク ») をご覧ください。

■株式会社ハカルスについて

ハカルスは、ヘルスケア分野のAIベンチャーとして2014年に創業して以来、少量データからの特徴抽出に優れるスパースモデリング技術を機械学習に応用した独自のAI開発を行っています。スパースモデリング技術を機械学習に応用することで、膨大な学習データが必要である、AIの意思決定の過程がブラックボックス化されており人間には解釈できない、学習フェーズにおいて大量の計算資源が必要であるといったディープラーニングが抱える課題の解決を試みています。

【株式会社ハカルスの概要】
本社: 京都府京都市中京区町頭町112番地 菊三ビル3階302号室
設立: 2014年1月14日
資本金: 1億円
主要株主: みやこキャピタル株式会社、イノベーション・エンジン株式会社、株式会社キャピタルメディカ・ベンチャーズ、大原薬品工業株式会社、株式会社エッセンシャルファーマ、株式会社メディフューチャー、株式会社PALTEK、加賀電子株式会社、中信ベンチャーキャピタル株式会社、池田泉州キャピタル株式会社、京銀リース・キャピタル株式会社、経営陣ほか個人
URL: (リンク »)

【本件に関するお問い合わせ先】
電話:075-708-5516 メール:pr@hacarus.com

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]