編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

電話機付きインクジェットプリンター「PRIVIO」5機種新発売

ブラザー工業株式会社

From: PR TIMES

2019-01-17 11:00

超大容量インクカートリッジ搭載の「ファーストタンク」シリーズ1機種も追加!

ブラザー工業株式会社の国内販売子会社であるブラザー販売株式会社は、インクジェットプリンター「PRIVIO(プリビオ)」において、超大容量インクカートリッジを搭載した「ファーストタンク」モデル1機種を含むファクス・電話機付きモデルの新製品5機種を2019年3月上旬より発売する。



[画像1: (リンク ») ]

今回発売する「プリビオ」は、2018年9月に発売を開始した超大容量インクカートリッジとサブタンクを搭載した「ファーストタンク」シリーズ初の電話機付きモデルをラインアップに追加することで、従来機種から好評のSOHOや飲食店はもちろん、事務所やクリニックなど、印刷枚数がより多い法人向けの販売を強化していきたいとしている。

[画像2: (リンク ») ]


●製品特長
超大容量インクカートリッジ搭載の「ファーストタンク」シリーズの電話機付きモデルが登場

[画像3: (リンク ») ]

超大容量インクカートリッジとサブタンクを搭載した「ファーストタンク」シリーズに電話機付きモデルを追加した。カートリッジタイプの使いやすさはそのままに、標準機種※1対応のインクカートリッジ※2と比べてブラックは約16本分、カラーは約10本分のインク量を搭載。A4モノクロ文書なら約6,000枚※3,4印刷できるため、面倒なインク交換の頻度が大幅に少なくなる。また、標準機種のA4モノクロ約2.7円・A4カラー約8.4円から、A4モノクロ約0.7円・A4カラー約3.7円と低ランニングコストを実現している。

ファーストプリントスピードの向上
印刷ボタンを押してから、1枚目の印刷が完了するまでの時間が従来機種より約5秒速くなり、約14.0秒から約8.5
秒※5に。少ない待ち時間で印刷ができる。

※1:MFC-J998DN/DWN,MFC-J738DN/DWN。
※2:LC3111BK/C/M/Y。
※3:印刷枚数算出に使用したインクカートリッジはLC3135BK/C/M/Yです。
※4:ファーストタンクモデルの同梱インクはLC3133BK/C/M/Yのスターターインクカートリッジです。ランニングコストはLC3135 BK/C/M/Yで算出しています。
※5:A4カラー印刷の場合。A4モノクロの場合は約13.0秒から約8.0秒に短縮。

<お客様 お問い合わせ先>
サポートサイト(ブラザーソリューションセンター) URL: (リンク »)
ブラザーコールセンター TEL:0570-061015

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ブラザー工業株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]