編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

基礎学力の確実な習得と学習意欲の喚起をはかる「基礎力測定診断」が、文部科学省の「高校生のための学びの基礎診断」の認定を取得

株式会社 学研ホールディングス

From: PR TIMES

2019-01-17 13:40



株式会社 学研ホールディングス(東京・品川/代表取締役社長:宮原博昭)のグループ会社、株式会社 学研アソシエ(東京・品川/代表取締役社長:小林徹)は、高校生に求められる基礎学力の確実な習得と学習意欲の喚起をはかる教材として開発した「基礎力測定診断・ベーシックコース」が文部科学省の「高校生のための学びの基礎診断」に認定され、2019年度より提供開始することになりましたのでお知らせいたします。

 来るべく2021年度入試改革をはじめ、高校段階の教育を改革する動きが活発化しています。その大きなねらいは、新しい時代に必要となる資質・能力の育成と学習評価の充実で、社会と連携・協働しながら学力の3要素(「知識・技能」「思考力・判断力・表現力等」「学びに向かう力・人間性」)を育むことがあげられています。
 そのような状況の中、義務教育段階の学習内容を含めた高校生に求められる基礎学力の確実な習得と学習意欲の喚起をはかり、PDCAサイクルの取り組みを促す測定ツールとして「高校生のための学びの基礎診断」が設定され、この度弊社の「基礎力測定診断・ベーシックコース」が認定されました。
 この商品は、これまで培ってきた学研模試のノウハウを最大限に活用し、従来の「知識・技能」に加え、「新学力観(思考力・判断力・表現力等)」にも対応した問題で、これからの世の中を生き抜いていく高校生の資質・能力を育むことができます。
 事前学習教材(Plan)から始まり、測定診断(Do)、成績データによる弱点領域の確認(Check)、フォローアップテストによる補強(Action)というPDCAサイクルで基礎学力の定着を確実なものとすることができます。
[画像: (リンク ») ]


●「基礎力測定診断・ベーシックコース」商品概要

[表: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]