編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

ヒュー・ジャックマン主演の話題のサスペンス・ドラマ『フロントランナー』監督ジェイソン・ライトマンが父アイヴァンからあの『ゴーストバスターズ』の監督を継承!映像も解禁!

株式会社ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

From: PR TIMES

2019-01-18 09:40

2月1日(金)より公開されるヒュー・ジャックマン主演最新作『フロントランナー』。当選確実と言われていた大統領最有力候補が、たった一つのスキャンダル報道で政界から葬られた1988年の事件の真相に迫るサスペンス・ドラマとして話題を呼んでいる。その監督のジェイソン・ライトマンが2020年に公開される『ゴーストバスターズ』の新作の監督に抜擢されたことが、この度発表された

耳に残るテーマソングとともに世界的大ヒットとなった『ゴーストバスターズ』シリーズ。オリジナルの『ゴーストバスターズ』(84) 、『ゴーストバスターズ2』(89)の監督であるアイヴァン・ライトマンの息子ジェイソン・ライトマンは、まさに直系の継承者ともいえる。アカデミー賞監督賞にノミネートされた『JUNO/ジュノ』(07)、『マイレージ、マイライフ』(09)などの作品でも知られ、人間の心の動きを繊細に描くことで定評のあるジェイソンが、世界中から愛されているエンタテインメントシリーズの監督に抜擢されたというニュースは多くの映画ファンの興味を掻き立てている。

2020年に公開される新作は、2016年の女性版『ゴーストバスターズ』の続編ではなく、1984年のオリジナルの『ゴーストバスターズ』(84)の世界観に繋がる設定の作品になる予定。 ビル・マーレイ、ダン・エイクロイドなどのオリジナルキャストが出るのかどうかも不明で、様々な憶測を呼んでいる。

今回始動したこの新しい『ゴーストバスターズ』のために、一緒に50秒の映像も公開となった。暗い森の奥、ひっそりと建つ小屋の中に置かれた物体。風が吹いて覆っていた布がはためくとそこには――。

アメリカ公開2020年夏。


監督・脚本:ジェイソン・ライトマン(『フロントランナー』『JUNO/ジュノ』『マイレージ、マイライフ』)

共同脚本:ギル・キーナン(『モンスター・ハウス』)


2020年公開!


配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント


[動画: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]