Tealiumのアジア太平洋地区担当VP兼ジェネラルマネージャにNic Dennisが就任

Tealium Japan 2019年01月18日

From PR TIMES



シドニー、NSW発 – 2019年1月18日(金):リアルタイムのカスタマーデータオーケストレーションソリューションのリーダーであるTealium(ティーリアム)は本日、アジア太平洋地区担当バイスプレジデント兼ジェネラルマネージャにNic Dennis(ニック・デニス)が就任したことを発表しました。

Nicは前職でMarketo(マルケト)のオーストラリアおよびニュージーランドのセールス担当バイスプレジデントとして、新規並びに既存の顧客企業における販売成長戦略を支援しました。

Nicは20年以上に及ぶマネジメント経験を生かし、今後Tealiumの戦略パートナーと緊密に協業しつつアジア太平洋地区の成長戦略を統括し、カスタマーサクセスの推進を支援していく予定です。また、シドニーを拠点として、東京、シンガポール、オーストラリア、香港などアジア太平洋地区の重要地域におけるTealiumの成長に注力していきます。

Nicのマルケト以前の実績としては、Quest Software(旧Dell Software)でセールスディレクタを、Open Text、Objective、CA Technologies、CSC (現DXC)、IBMなどの企業でセールスディレクタ、ビジネスユニットマネージャ、エンタープライズセールスを担当してきました。また、エンタープライズアプリケーションソフトウェア、システムソフトウェア、マネージドサービス、ハードウェアセールスにおいて、セールス、プリセールス、テクニカルサービス、マネージドサービス、オペレーション、そしてクライアントサクセスマネジメントの財務責任を負っていました。

TealiumのCEO、Jeff Lunsfordは次のように述べています。「私たちはNicの入社を大変歓迎しています。彼のこれまでの業界経験や幅広い知識は、TealiumがAPACでのプレゼンスを拡大し続ける上でなくてはならないものだと考えています。クライアントが今後も増え続けるデータと取り組んでいく上で、今年度は私たちのカスタマーデータプラットフォームAudienceStreamの需要がさらに増えるものと見込んでおり、Nicは重要となるデータ収集と管理の責任者として理想的だと言えます。」

Dennisのコメント現在この業界は非常に活気があり消費者のプライバシーやデータ収集に関する監視の目が厳しくなっていますこの分野のリーダーとしてそしてデータガバナンスの提唱者として私はTealiumの一員となることを楽しみにしておりAPAC全体のビジネスを前進させクライアントが顧客に対してあらゆるチャネルを通じてエンゲージメントを高め関係性を維持したシームレスなエクスペリエンスを提供できるように努めていきたいと思います

####

Tealiumについて
ウェブ、モバイル、オフライン、IoTで増え続ける顧客データフローを管理するためのユニバーサルなアプローチを提供することで、今日のデジタルビジネスに革命をもたらしています。TealiumのUniversal Data Hub(ユニバーサルデータハブ)は、顧客データを信頼できる唯一の情報源へ統合する技術と、1000以上のベンダーとテクノロジーに対応したターンキーの総合エコシステムを備えています。それにより企業は、リアルタイムに統合されたデータを活用して、あらゆるチャネルでより綿密にパーソナライズされた体験を提供できます。

詳細は (リンク ») をご覧下さい。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]