編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

大分銀行・NTTデータ九州・オーイーシーと連携協定締結、RPA操作人材を派遣 大分県内企業への 『RPA導入支援サービス』 開始

株式会社パソナグループ

From: PR TIMES

2019-01-18 15:40

株式会社パソナ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長COO 中尾 慎太郎、以下パソナ)は、株式会社大分銀行(本社:大分県大分市、頭取 後藤 富一郎、以下大分銀行)、株式会社 エヌ・ティ・ティ・データ九州(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長 加藤 浩治、以下NTTデータ九州)、株式会社オーイーシー(代表取締役社長 加藤 健、以下OEC)と連携協定を締結し、大分県内企業を対象に、RPA(※)を活用して企業における間接業務を自動化することで業務効率化・生産性向上を支援する『RPA導入支援サービス』を本日1月18日(金)から開始しました。



少子高齢化の進展により生産年齢人口が減少する中、地域の継続的な経済成長のために、企業における業務効率化・生産性向上への取り組みが求められています。
『RPA導入支援サービス』では、大分銀行が地域企業にRPAソリューションの活用事例の紹介や導入提案をはじめ、RPAに適した業務内容の抽出や、運用に向けた制度設計コンサルティングを行います。NTTデータ九州及び同社特約店のOECは、RPAソリューション『WinActor』の提案営業をはじめ、シナリオ作成支援や保守・技術サポート等を提供します。パソナは、BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)やRPA運用人材の育成・派遣のノウハウを生かし、RPA操作人材の派遣サービスを提供いたします。
パソナは本取り組みを通して、RPAによる新しいソリューションを提供し、大分県内の企業のさらなる業務改善と生産性向上の推進を支援すると共に、貴重な人材を煩雑な間接業務から、より付加価値の高いコア業務に集中させることで、現場業務の価値向上および働き方改革に貢献してまいります。

(※)RPA(Robotic Process Automation)とは 、「仮想知的労働者(Digital Labor)」とも言われる
ロボットによる業務自動化の取り組みのこと


■ 『RPA導入支援サービス』 概要 

開始: 2019年1月18日(金)

対象: 業務改善と生産性向上を目指す大分県内企業 など

提供業務:
BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)やRPA運用人材の育成・派遣のノウハウを
生かしたRPAの操作人材の派遣サービス

協業先の提供業務:
<大分銀行>
RPAソリューションの活用事例紹介、RPAの導入提案、企業におけるRPAに適した
業務内容の抽出、RPAの運用に向けた制度設計等のITコンサルティング
<NTTデータ九州>
RPAソリューション『WinActor』の提案・営業、RPAによる生産効率化対象業務に対する
シナリオ作成支援
<OEC>
『WinActor』導入後の保守・問合せ・技術サポート

RPA導入支援サービスの連携スキーム:


[画像: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社パソナグループの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]