編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

中部地域最大級!ドローン屋内大型練習場がオープン!

株式会社テラ・ラボ

From: PR TIMES

2019-01-18 17:40

愛知県春日井市にドローンの屋内トレーニングフィールドが2019年1月より本格オープン!

研究開発型ベンチャー・株式会社テラ・ラボ(愛知県春日井市、代表取締役 松浦孝英)は、この度、中部地区最大級の常設屋内ドローン練習場となる「テラ・ラボ ドローンアリーナ」を設置しました。
2月からは、この施設を会場として「無人航空機操縦者技能認証講習」を開催してまいります。



テラ・ラボ ドローンアリーナは、幅約13m・奥行き約20m・最大高さ約7mの中部地区最大級の常設屋内ドローン練習場となるフライトロボットテストフィールドとして、様々な無人航空機の飛行検証や評価を行うとともに、無人航空機を操縦するオペレーターの技能向上トレーニング施設です。
[画像1: (リンク ») ]


全面人工芝敷設の屋内トレーニングフィールドなので、天候に左右されることなく、国土交通省航空局の飛行許可申請は不要で、飛行許可申請前の基本操縦技術習得や安全意識の向上、危機回避操縦の練習などを行うことが可能です。

テラ・ラボは、マルチコプターの運用だけではなく、このテラ・ラボドローンアリーナを拠点として、大きいものでは翼長4mを超える固定翼機の開発も行っており、災害支援や測量、設備点検、観光地空撮等、様々な用途で産業ドローンの運用するための機体の検証作業を行っています。
これらの開発・運用実績を基に、各地方自治体や民間企業に向けて、ドローンの利活用に関する提案・コンサルティングを行っています。

こういったノウハウを活用して、「国土交通省航空局ホームページに掲載する無人航空機の講習団体」として、ドローンセミナー基礎(座学・実技)も開催しており、様々な法律やルール、機体の性能・特性理解等、無人航空機を飛行させるために必要な知識や安全な運航に欠かせない技術の習得のサポートも行っています。
※弊社の講習を修了すると、国土交通省航空局への飛行許可申請を行う際に一部資料を簡略化することができます。
※講習実施予定は下記をご参照ください。

このテラ・ラボ ドローンアリーナは、国内外にある飛行試験場のハブ機能を有しており、ドローン初級者から業務利用の熟練者まで幅広い人材育成も行い、ドローンの社会実装に向けて、ソフト・ハードの集積地となることを目指しています。


[画像2: (リンク ») ]


[画像3: (リンク ») ]



今後、随時開催していく「無人航空機操縦者技能認証講習」は、ドローン初心者からビジネスユースを想定する方まで幅広く対応し、より多くの人たちにドローンの有用性を訴求しつつ、安全に利活用できる社会基盤整備に努めながら、ドローンの普及・社会実装を加速させたいという意図を持って実施してまいります。
直近の講習開催予定は以下の通りです。

【無人航空機操縦者技能認証講習開催予定】
◆体験説明会(各日10:00~12:00、14:00~16:00)
 2019年2月1日(金)
 2019年2月3日(日)
 2019年3月1日(金)
 2019年3月3日(日)

◆講習 平日3日間コース(各日9:30~16:30)
 2019年2月12日(火)・13日(水)・14日(木) 
 2019年3月11日(月)・12日(火)・13日(水)
 2019年3月25日(月)・26日(火)・27日(水)

◆講習 土日3日間コース(各日9:30~16:30)
 2019年2月16日(土)・17日(日)・23日(土)
 2019年3月23日(土)・24日(日)・30日(土)

◆講習 平日夜間6日間コース(各日18:30~21:30)
 2019年2月19日(火)・20日(水)・21日(木)・26日(火)・27日(水)・28日(木)

◆申込等詳細
  (リンク »)


【テラ・ラボ ドローンアリーナ概要】
所在地     〒480-0304 愛知県春日井市神屋町北海道281
駐車場台数   最大6台
問い合わせ先  Tel 0568-53-4501 /  (リンク »)  

【会社概要】
株式会社テラ・ラボ
代表者  代表取締役  松浦 孝英
所在地  〒487-0023 愛知県春日井市不二ガ丘三丁目28番地
設立   2014年3月
事業内容 無人航空機の開発、設計、コンサルタント業務
無人航空機の各種観測オペレーション、オペレーター養成業務
宇宙航空教材の開発、運用、販売
情報通信システムの企画、開発、設計、管理及びそれらのコンサルティング
ほか
資本金 7960万円
URL (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]