編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

TVアニメ『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』キャラクタービジュアル第3弾「マシュ・キリエライト/フォウ」を発表!

株式会社アニプレックス

From: PR TIMES

2019-01-19 15:40



[画像1: (リンク ») ]


1500万DLを突破したスマートフォン向けFateRPG「Fate/Grand Order」でも屈指の人気エピソード・第七特異点を題材にしたTVアニメーション『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』が、放送開始に先駆け「FGO冬祭り 2018-2019 ~トラベリング大サーカス!~」内にてキャラクタービジュアルの第3弾を発表いたしました。

今回発表したのは、第3弾「盾の乙女、デミ・サーヴァント――マシュ·キリエライト(CV:高橋李依)」そして「フォウ(CV:川澄綾子)」。

[画像2: (リンク ») ]

また公式サイト( (リンク ») )がリニューアル!当アニメに関するさまざまな情報をお届けいたします!ぜひこの機会にチェックしてみてください。2019年の放送を控え、作品への期待感が高まるキャラクタービジュアルにご注目ください。『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』の最新情報は、公式Twitterまたは公式サイトをご覧ください。

■INFORMATION
<TITLE>
『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』
<ON AIR>
2019 ON TV
<INTRODUCTION>
人理継続保障機関・カルデアは、 魔術だけでは見えない世界、 科学だけでは計れない世界を観測し、 2017年で絶滅することが証明されてしまった人類史を存続させるため日夜活動を続けている。
人類絶滅の原因、 歴史上のさまざまな箇所に突如として現れた「観測できない領域」――“特異点”。
カルデアに唯一残されたマスター・藤丸立香は、 デミ・サーヴァントのマシュ・キリエライトとともにこの特異点の事象に介入することで、 これを解明、 あるいは破壊する禁断の儀式――“聖杯探索(グランドオーダー)”を遂行してきた。

今回、 新たに発見されたのは七つ目の特異点――紀元前2655年の古代メソポタミア。
不老不死の霊草の探索を終えた、 “賢王ギルガメッシュ”が統治し繁栄を誇ったウルクの地は、 三柱の女神と数多の魔獣による蹂躙で滅亡の危機にあった。
そして、 過去への時間旅行――“レイシフト”によってウルクの地に辿り着いた藤丸とマシュが出会うのは、
魔獣の猛攻を食い止める要塞都市・絶対魔獣戦線と、 脅威に曝されながらも懸命に生きる人びとの姿だった。
襲い来る神々と魔獣。 そして、 それに抗う人類―。

そこは人と神が袂を分かつ、 運命の時代。
六つの探索(オーダー)を駆け抜けてきた二人――藤丸とマシュが挑む最後の戦いが始まる。

<STAFF>
原作:奈須きのこ/TYPE-MOON
リードキャラクターデザイナー:武内崇
監督:赤井俊文
副監督:黒木美幸
キャラクターデザイン:高瀬智章
音楽:芳賀敬太・川崎龍
制作:CloverWorks
<CAST>
マシュ·キリエライト(CV:高橋李依)
フォウ(CV:川澄綾子)
ギルガメッシュ(CV:関智一)
エルキドゥ(CV:小林ゆう)
<Twitter>
@FGOAP_ep7
(リンク »)
<OFFICIAL SITE>
(リンク »)
<COPYRIGHT>
(C)TYPE-MOON / FGO7 ANIME PROJECT

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]