編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

STM32マイコンへのAI(人工知能)実装と組込みAI開発をサポートするツールセットを発表

STマイクロエレクトロニクス

From: PR TIMES

2019-01-21 09:20

・STM32CubeMXソフトウェア・ツールに含まれるSTM32Cube.AI拡張パックが、 
 STM32マイコン上でのニューラル・ネットワーク実行に最適なコードを生成
・STM32Cube.AIには、STのセンサ用リファレンス・ボード、および
 モバイル・アプリで使用できる人の状態認識と音による周囲環境認識向け
 サンプル・コードを含む、ソフトウェア・ファンクション・パックが付属
・STパートナー・プログラムによる認定パートナーおよびAI/機械学習専用   
 STM32コミュニティが開発者をサポート



[画像: (リンク ») ]

多種多様な電子機器に半導体を提供する世界的半導体メーカーのSTマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、業界をリードするSTM32マイクロコントローラ(マイコン)にAI(人工知能)を実装するためのコード生成ツール、および組込みAI開発をサポートするツールを発表しました。これらのツールは、製品開発者向けのSTM32Cubeエコシステムに含まれます。

AIは、学習済みの人工ニューラル・ネットワークを使用することで、従来の信号処理よりも素早く効率的に、モーション・センサ、振動センサ、環境センサ、マイクロフォンおよびイメージ・センサのデータ信号を識別します。

STのマイクロコントローラ & デジタルICグループ社長であるClaude Dardanneは、次のようにコメントしています。「STのニューラル・ネットワーク開発者向けの新しいツールを使用すれば、AIをマイコン・ベースの各種端末に追加できるだけでなく、IoT、スマート・ビルディング、産業機器および医療機器分野のあらゆる組込みシステムにも導入できます。」

開発者は、STM32Cube.AIを使用することにより、学習済みニューラル・ネットワークを、STM32マイコン上で実行可能な最適化されたライブラリ関数を呼び出すC言語コードに変換できます。

STM32Cube.AIには、モーション・センサによる人の状態認識とマイクからのオーディオ信号による周囲環境認識を可能にするサンプル・コードを含むソフトウェア・ファンクション・パックが付属しています。これらのサンプル・コードは、小型センサボードST SensorTileおよびスマートフォン向けアプリST BLE Sensorですぐに使用することができます。

また開発者は、STパートナー・プログラムの認定パートナーおよびSTM32専用AI/機械学習向けのオンライン・コミュニティを通して、エンジニアリング・サービスなどの追加サポートを受けることもできます。

STは、ラスベガスで開催されるConsumer Electronics Show(CES、2019年1月8日~12日)の期間中に併設されるプライベート・スイートにおいて、STM32Cube.AIを使用して開発されたアプリケーションのデモを実施しました。

技術情報STM32Cube.AI(X-Cube-AI)は、STM32マイコンの初期設定ツールおよびソフトウェア・コード生成用の開発エコシステムであるSTM32CubeMXよりダウンロードできます。

同ツールはCaffe、Keras(バックエンドにはTensorFlowを使用)、Lasagne、ConvnetJSの各フレームワーク、およびKeil、IAR、System Workbenchなどの統合開発環境(IDE)に対応しています。

ソフトウェア・ファンクション・パックFP-AI-SENSING1には、ニューラル・ネットワークに基づく、モーションセンサとマイクを使用したサンプル・コードが含まれます。このファンクション・パックでは、学習プロセスに入る前にSTのSensorTileを使用して、センサ・データの取り込みおよびラベリングが可能になります。これにより、同ボードは最適化ニューラル・ネットワークの推論を実行できるようになります。

ST BLE Sensorモバイル・アプリは、SensorTileのリモート制御および表示機能として動作します。

STM32Cube.AIマッピング・ツールと、SensorTileで実行可能なアプリケーション・ソフトウェアのサンプル・コード、さらにパートナー・プログラムおよび専用コミュニティのサポートを包括的に利用できるため、STM32マイコンにニューラル・ネットワークを短期間で簡単に実装できます。

詳細については、www.st.com/STM32CubeAI をご覧ください。

専用AI/機械学習コミュニティの詳細については、STM32オンライン・コミュニティをご覧ください。 ( (リンク ») )

AI/機械学習 STパートナー・プログラムへのお申込みは、STパートナー・プログラムをご覧ください。 ( (リンク ») )

STM32ニューラル・ネットワーク・ツールセットに関する最新ブログ記事は、 (リンク ») をご覧ください。

*STM32は、STMicroelectronics International NVもしくはEUおよび / またはその他の地域における関連会社の登録商標および / または未登録商標です。STM32は米国特許商標庁に登録されています。

STマイクロエレクトロニクスについて
STは、私たちの暮らしに欠かすことのできないエレクトロニクス機器に、優れた性能と高い電力効率を特徴とした半導体を提供する世界的な総合半導体メーカーです。あらゆるシーンで活躍するSTの製品は、お客様が開発する次世代モバイルやIoT機器の他、よりスマートな自動車、工場、都市および住宅を可能にします。STは、生活をより豊かにする技術革新を通じ、「life.augmented」の実現に取り組んでいます。STは、10万社を超えるお客様に半導体を提供しており、2017年の売上は83.5億ドルでした。さらに詳しい情報はSTのウェブサイト( (リンク ») )をご覧ください。

◆ お客様お問い合わせ先
〒108-6017 東京都港区港南2-15-1
品川インターシティA棟
STマイクロエレクトロニクス(株)
マイクロコントローラ & デジタル製品グループ
TEL: 03-5783-8240 FAX: 03-5783-8216

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]