編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

国宝5城をGPSスタンプラリーアプリでめぐる「国宝五城 城郭都市めぐり」がスタート

ユーエム・サクシード株式会社

From: PR TIMES

2019-01-21 09:40

GPSスタンプラリーアプリ「ニッポン城めぐり」では、国宝城郭都市観光協議会とタイアップしたスタンプラリーキャンペーン「国宝五城 城郭都市めぐり」を2019年1月21日(月)よりスタートしました。



[画像: (リンク ») ]


スマートフォン向けコンテンツの企画、制作などを事業展開するユーエム・サクシード株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:坂本 昇治)は、GPSスタンプラリーアプリ「ニッポン城めぐり」( (リンク ») )において、国宝城郭都市観光協議会とタイアップした期間限定のスタンプラリーキャンペーン「国宝五城 城郭都市めぐり」を2019年1月21日(月)より開催しています。

本キャンペーンは、日本国内で国宝指定されている天守を持つ5つの城郭(松本城・犬山城・彦根城・姫路城・松江城)が所在する5自治体(長野県松本市・愛知県犬山市・滋賀県彦根市・兵庫県姫路市・島根県松江市)が連携して設立した国宝城郭都市観光協議会とのタイアップで実施されるものです。国宝5城に周辺の4スポットずつを加えた、合計25スポットに設置されたQRコードを読み取り、GPSで位置情報を送信することでアプリ内のスタンプ帳を埋めていくものです。

キャンペーンでは、スポットへの訪問数に応じて、アプリ内で使用できる限定アイテム“松本城”、“犬山城”、“彦根城”、“姫路城”、“松江城”などの特典を贈呈します。

さらに、全25スポットを達成した方には「国宝五城 限定スクウェア缶バッジセット」および「国宝五城ポストカード」が当たるプレゼントにも応募することができます。

キャンペーン実施期間は2019年1月21日(月)~2019年5月31日(金)の予定となっております。

「ニッポン城めぐり」では本キャンペーンの実施によりアプリ利用者の5自治体への来訪を促進するとともに、城郭を中心とする各自治体の観光スポットの周遊を促進したいと考えています。

ユーエム・サクシード株式会社では、日本最大級のお城アプリ・コミュニティという特性を活かし、今後も歴史観光をテーマとする自治体や、歴史関連のイベント等を活性化するための活動を推進して参ります。

■「ニッポン城めぐり」について

日本全国に実在した3,000城のお城を収録する無料GPSスタンプラリーアプリ(iPhone・Androidに対応)。スタンプラリー機能のみならず、日本全国に散らばる1,000人超の武将を、ゆかりの地で集める家臣団コレクションなどの機能も用意。

全国の自治体等とタイアップした地域振興キャンペーンも多く実施しており、直近(2018年)では高知県とタイアップしたキャンペーン『志国高知 幕末維新博ラリー』、福島県とタイアップしたキャンペーン『戊辰150年 義の戦跡』、岐阜県可児市とタイアップしたキャンペーン『鬼武蔵、電光石火の東美濃制圧戦』を実施するなど全国各地で限定キャンペーン、イベントを実施しています。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]