編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

「シティOL川柳大賞2019」発表! 応募総数 3149句  大賞『忖度し パスまわしあう 会議中』

サンケイリビング新聞社

From: PR TIMES

2019-01-21 11:40

株式会社サンケイリビング新聞社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:田中 則昭)が発行するオフィスで働く女性のための情報紙「シティリビング」(全国8エリア 約62万部)では、第22回「シティOL川柳大賞」受賞作品を決定しました。
2018年に全国のシティ読者から応募された3146句の中から、13句が入賞。
「忖度」「シャンシャン」「昭和平成」「ひょっこりはん」など時代を表すキーワードとともに、オフィスの人間模様や恋愛・結婚など、働く女性のリアルな姿が浮かび上がってきます。
全国のシティリビング紙上およびシティリビングWebで発表。( (リンク ») )

また、次回作品の募集も開始。働く女性であれば誰でも参加OK、1度に5句まで投稿可能で、9月10日(火)締切。
Web専用フォームにて募集中です。( (リンク ») )




<大賞>  忖度し パスまわしあう 会議中

[画像: (リンク ») ]


【作者の声】
うんと言わない上司に、同僚のプレゼンをみんなでプッシュしたり、資料がそろわず次の会議に持ち越すために時間稼ぎしたり、大義のためには社内でも忖度し、上手なパス回しが必要です!
オフィス部門 (かりん/ 44歳・東京)

【選定理由】
全国のオフィスで「うちも同じ」の声が出ていそうなこの句に大賞を贈ります。シュートゼロ会議が減るよう祈りを込めて!
(シティリビング編集長一同)


<入賞作品>
■恐ろしい 昭和平成 次迫る
■「映えそうね」 実はインスタ やってない
■スカートイン ぽっこりお腹が ひょっこりはん
■上司には いいねーそだねー 言っておく
■「えー?!昭和」 あんたももうすぐ 「えー?!平成」
■平成を 未婚のままに 飛び越える
■そっと乗り 叫んで下りた 体重計
■縁結び 仕事増えても 彼氏来ず
■入社して 半分、黒い 我が職場
■はよ帰れ それを言うなら お前やれ
■持て余す 母性をすべて シャンシャンへ
■ルンバさえ こっちにこないか 期待する

-シティOL川柳大賞-
シティリビングが主催し、1997年から続く働く女性のための川柳大賞。「オフィス部門」「恋愛・結婚部門」
「マネー・ライフ部門」「ビューティー・ダイエット部門」の4部門で作品を募集し、優秀作品を選定。全国8都市のシティリビング(札幌、仙台、東京、横浜、名古屋、京都、大阪、福岡)とWeb版の読者から、毎年多くの作品が寄せられます。
2018年は3149句が集まり、東京シティ編集部内で一次審査を実施。その後全国のシティ編集長と特別審査員による最終審査を経て、各賞が決定しました。


[表: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]