編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

デザインを一瞬にしてWebサイトとして公開可能。革新的なデザインツール「STUDIO」が、大型リニューアルを経てver 2.0をグローバルリリース。

STUDIO株式会社

From: PR TIMES

2019-01-21 13:40

デザイン、コラボレーション、公開、すべてが1ツールで可能に。まったく新しく生まれ変わった「STUDIO 2.0」が本日リリース。

次世代のデザインツール「STUDIO」を運営するSTUDIO株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:石井 穣)は、本日1月21日(月)付で、まったく新しく生まれ変わった「STUDIO 2.0」をリリースすることをお知らせいたします。



[動画: (リンク ») ]



STUDIOとは?
STUDIO( (リンク ») )は、デザインとコードを1つにした次世代のデザインツールです。STUDIOを使えば、自由自在なデザインのWebサイトを、コードを書くことなく作成可能です。
2018年4月に正式版がリリースされ、現在3万人以上のユーザーに愛用されています。
そして本日、まったく新しく生まれ変わった「STUDIO 2.0」を発表し、世界にむけてリリースをしました。


[画像1: (リンク ») ]



【デザイン】 3倍以上早くなった、デザインパフォーマンス
より快適にデザインに集中できるよう、STUDIOを0から再設計いたしました。より軽く、より早く、より快適に操作できるように進化し、STUDIO史上最高のパフォーマンスを実現しました。
[画像2: (リンク ») ]


【コラボレーション】リアルタイムに共同編集が可能に。
Googleドキュメントのような「リアルタイム共同編集」がSTUDIOでも可能になりました。どこにいても何人とでも、オンライン上で複数人と同時にデザインの編集が可能です。もう二度とファイルを送り合う必要はありません。

[画像3: (リンク ») ]



【公開】1クリックで公開完了。
STUDIOでは、作成したデザインをWebサイトとしてワンクリックで全世界に公開可能です。面倒なコーディングやサーバーのセットアップは必要ありません。
[画像4: (リンク ») ]



【その他アップデートポイント】
Google Fonts :
Google Fontと完全連携し、900種類以上あるフォントをSTUDIO上で自由自在に使用可能になりました。
[画像5: (リンク ») ]


ダークモードの誕生:
昨今AppleやSkecthなどの対応で、流行りの兆しがある「ダークモード」をSTUDIOでもいち早く対応いたしました。より作業に集中したいときなどに、美しくエレガントなダークモードをお試しください。
[画像6: (リンク ») ]


まったく新しく生まれ変わったSTUDIOを、ぜひお試しください!
(リンク »)


■ STUDIO株式会社 会社概要
会社名:STUDIO株式会社(STUDIO Inc.)
設 立:2016年4月
代表者:代表取締役社長 石井 穣
所在地:〒154-0031 東京都渋谷区桜ヶ丘4-17 PORTAL Apartment & Art POINT 204

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]