武蔵野が新卒採用業務に高精度AIチャットボットを導入

株式会社SPJ 2019年01月21日

From PR TIMES

株式会社武蔵野(本社:東京都小金井市 代表取締役社長:小山昇 以下 武蔵野)は、新卒採用ホームページ( (リンク ») )に、新卒採用向け高精度AIチャットボットを導入致しました。



本AIチャットボットは、株式会社アイネット(本社:神奈川県横浜市 代表取締役社長:坂井満 以下 アイネット)と、株式会社SPJ(本社:東京都千代田区 代表取締役:江口天 以下 SPJ)が共同提供する高精度AIクラウドサービス「Neurox(ニューロックス)」を用い、構築致しました。

■採用業務へのAIチャットボット導入の目的


就職活動中の学生に、武蔵野ついてより詳しく知っていただく。
採用事業部に直接聞きにくい質問も、気軽に出来るようになる。
不特定多数の学生に24時間365日質問、自動回答することにより、武蔵野について広く詳しく知っていただく。
質問データを分析、学習することにより、学生からのどんな質問にも的確に回答できるようにする。
採用事業部担当者の経験に左右されない回答品質の向上。



[画像: (リンク ») ]


■株式会社武蔵野について   (リンク »)
事業内容:
1.【地域密着事業(ダスキン事業)】
○クリーンサービス・ケア事業部
武蔵野地域を中心とした、オフィス/店舗/家庭の環境向上を目的としたレンタル商品の取り扱い、環境クリーニングサービス、各種飲料のお届け
○ライフケア事業部
24時間ご利用いただけるダスキンのシニアケアサービス
2.【広域事業】
〇インターネット事業部
3.【経営支援事業】
○経営サポート事業本部
増収の記録を更新し続けている企業・武蔵野を「生きた経営のショールーム」として現場を公開
他社にはない、「見る・学ぶ・体験する・共有する」実践型プログラムを提供
実践的な経営塾、幹部塾、社員塾なども開催
〇ビジネスマッチング事業部
〇セミナー事業部

■株式会社アイネットについて   (リンク »)
アイネットは、データセンターとクラウドコンピューティングを展開する独立系ITサービスプロバイダーです。煩雑なガソリンスタンドの事務処理の合理化やクレジット処理を代行する会社として1971 年に設立されました。以来その取り扱いを拡大、現在では全国のガソリンスタンドの内およそ4分の1がアイネットのデータセンターに接続、情報処理サービスを利用しております(業界トップシェア)。当社はその中でデータセンター運用のノウハウを蓄積、お客様からも大きな信頼を寄せられてきました。蓄積してきたノウハウを活用し今ではデータセンターを利用する業種も金融業、流通業、官公庁、e ビジネス、外資系企業をはじめ多岐にわたっております。現在は、国内最高レベルのデータセンターをベースに、クラウドサービスビジネスを積極的に展開しており、自社のクラウド基盤上に業種業態を問わず利用可能なアプリケーションレイヤーのメニュー拡充を加速させています。

■株式会社SPJについて   (リンク »)
SPJは、AIシステムの提供、AI技術コンサルティング、技術研修の提供を行う、AIソリューション企業です。AI分野の中でも特に、「自然言語処理 × ビッグデータ」領域を得意としており、AI店員、AI文章校正システム、高精度AIチャットボット等の開発実績・ノウハウも蓄積しています。

■商標について
記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

■お問い合わせ先
株式会社SPJ 広報部
03-4405-4347

■サービスに関するお問い合わせ先
株式会社SPJ ソリューション事業部
03-4405-4347

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]