Ciao Camera、AIを活用した年齢認証実験結果を発表!カメラ画像から即座に検知。検知率 96.1%で年齢認定

株式会社チャオ 2019年01月21日

From PR TIMES

~AIのディープラーニングと複数の画像認知で誤検知を縮小~

 各種業務システムのクラウドサービスを展開する株式会社チャオ(本社:東京都港区、代表取締役社長:山本秀基)は、居酒屋チェーンを展開する養老乃瀧株式会社(本社:東京都豊島区、代表取締役:矢満田 敏之)が経営する一軒め酒場 新橋店で実施していた、AI搭載のクラウドカメラ「Ciao Camera(チャオカメラ)」を活用した年齢認証における実証実験結果を発表しました。



■Ciao Camera: (リンク »)

[画像1: (リンク ») ]

■年齢認証技術開発の背景
 近年の未成年者による飲酒に関して営業者側の確認不足による罰則は無論のこと、一方で飲酒をきっかけに未成年者が事件に巻き込まれるケースも増えています。ほとんどの飲食店では、未成年者か否かの確認は店員に委ねられているのが現状で、不確かな判断も多く、繁忙時には確認漏れも見受けられます。
 今回の実証実験にあたりCiao Cameraは、高い精度・客観性を持つAIカメラの目によって、未成年者を漏れなく検出し、該当者へのアルコールの提供を未然に防ぐことを目指しています。

■第一段階:「AWS Rekognition Image」の活用/複数の顔画像で誤検知を防ぐ
 第一段階では、「AWS Rekognition Image」の顔認識機能を最大限に活用して、素早くサービスを構築。AIが画像に写っている人物の顔を識別し、推定年齢結果を返します。その結果で年齢が低いと推定されると、”要年齢確認”として通知を行います。推定結果は、画質・顔の角度によっては、誤検知することもある為、入店する数秒間の短い間に複数の顔画像を撮影し、それらの結果を総合的に判断することで、検知率90.7%の年齢推定を実現しました。

■第二段階:ディープラーニングによる独自識別エンジン構築!検知率 96.1%を実現!
 第二段階では、更なる精度向上と通知に掛かる時間を短縮する為、要年齢確認者を判別する独自の識別エンジンを構築しました。未成年者の検知には、ディープラーニングによる画像判別技術を用いています。「AWS Rekognition Image」の判別結果を人手で精査した後、AIが学習。初期の判別器を作成します。その後も、大量のデータをAIが学習し続けることで、継続的に精度を改善します。最終的には通知に要する時間も入店から即座に検知が可能な仕組みを構築、非常に素早い判別が可能になりました。
[画像2: (リンク ») ]

 チャオは、今回の実証実験を元に、年齢認証のさらなる精度向上を目指し、未成年者への飲酒防止対策に努めるのはもちろん、あらゆる業種においても、マーケティングデータとしての活用など、年齢認証を活用できるフィールドを広げたいと考えています。

■会社概要
会社名 :株式会社チャオ
所在地 :東京都港区浜松町1-18-16 住友浜松町ビル8階
代表者 :代表取締役CEO 山本 秀基、代表取締役COO 綿引 隆一
事業内容:各種業務システムのクラウドサービス事業、ソーシャルメディア事業、
ビジネスモデルの企画・コンサルティング事業
URL  : (リンク »)

会社名 :養老乃瀧株式会社
所在地 :東京都豊島区西池袋1-10-15
代表者 :代表取締役 矢満田 敏之
事業内容:飲食業
URL  : (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]