編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

全社的リスクマネジメントツール「Enterprise Risk MT(ERMT)」を正式ローンチ

株式会社GRCS

From: PR TIMES

2019-01-22 11:40

今後求められる有価証券報告書への具体的なリスクの開示を支援

株式会社GRCS(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:佐々木 慈和、以下 当社)は、全社的リスクマネジメント(ERM)のためのクラウドアプリケーション「Enterprise Risk MT(ERMT)」(エンタープライズリスクエムティ、以下 ERMT)についてトライアルユーザー企業を募集し開発を進めてきましたが、このたび正式にローンチしました。
今後は特に上場企業において、経営上のリスクに関する定性的な情報を適切に社外へ開示することがデファクトスタンダードになることが想定されます。企業はERMTを活用することでリスク管理体制の強化による経営判断の円滑化が実現できます。



[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]


2018年10月にトライアルユーザー企業を募集したところ、リスクマネジメント担当者や情報セキュリティガバナンス担当者、またERMのコンサルティングを行っている企業などから多数問い合わせをいただきました。

ERMに共通する課題としては、グループ会社や海外法人など本社から離れた場所での不正や不祥事などのリスクを把握したいものの、調査票の回収率が低くそもそも全社リスクを把握できないといった事態や、回収と集計および催促に時間を取られリスクの分析やコントロールの進捗管理に十分な時間をかけることができない、サイバーセキュリティ等など特定のリスクについては、より細かいレベルでのリスク対応状況の把握を行う必要があるなどが挙がりました。
弊社はそれらを踏まえた上で「ERMT」の機能として、事業所やグループ会社別の進捗状況のレポートや、期限のアラートなど期日管理機能の強化、リスクと資産を紐付けて個々の資産での対応状況を管理できる機能を追加しました。

<「Enterprise Risk MT(EMRT)」について>
「ERMT」は、全社的リスクマネジメント(ERM)を支援するクラウドアプリケーションです。ISO31000が求めるERMのライフサイクルに沿った継続的なリスク管理のための基盤を提供します。リスク・コミュニケーションを充実させ円滑化することで、経営の意思決定における的確なリスク情報活用を支援します。
URL: (リンク »)

※参考プレスリリース
ISO31000準拠の全社的リスクマネジメント(ERM)ツールを2019年1月ローンチ予定 トライアルユーザー企業の募集を開始
(リンク »)

<会社概要>
社名:株式会社GRCS
URL: (リンク »)
代表取締役社長:佐々木慈和
所在地:〒102-0076 東京都千代田区五番町1-9MG市ヶ谷ビルディング9F
設立:2005年3月(2018年3月 商号変更)
資本金:100百万円
事業内容:IT-GRC・セキュリティ関連ソリューション事業

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]