グローバル市場における継続可能でグリーンな経済発展に向けたGGG社とCGP社の資本と技術の提携による東南アジア・マイクログリッド案件への参画について

株式会社 ICMG 2019年01月22日

From PR TIMES

Greenway Grid Global Pte Ltd(本社:シンガポール、代表取締役社長;今井伸一、以下「GGG社」)は、 CleanGrid Partners Pte Ltd(本社:シンガポール、CEO;Atem S. Ramsundersingh、以下「CGP社」)が目指している総額1億ドル規模の東南アジア・マイクログリッドプロジェクトのうち2千万ドルを出資し、フィリピンでのマイクログリッド事業へ参画しますので、お知らせいたします。



[画像: (リンク ») ]


 本プロジェクトは、フィリピン・マイクログリッド事業ポートフォリオ6千万ドルを3~4年で建設する計画です。
 本プロジェクトの第1号案件は、フィリピンのパラワン島における太陽光発電+蓄電池+ディーゼル発電に電力網を合わせたハイブリッドマイクログリッド事業を展開し、来年度運開予定です。

 GGG社はCGP社とともにマイクログリッド事業へ参画し、現地調査・設計・財務分析・建設・運転・保守メンテナンスを実施することで、日本で培った豊富な技術、高品質なオペレーションといった強みを活かし、最適な設備構成での高品質かつ信頼度の高いマイクログリッド電力を供給していくことができると考えております。

 また、GGG社は「プロジェクト投資・運営」・「新規事業インキュベーション」・「グローバル人財育成」の3事業を実施しており、本プロジェクト投資事業をプラットフォームの一つとして、新たな成長事業を創出する新規インキュベーション事業の立ち上げと、その事業を運営できるグローバルリーダー人財の育成事業を展開していきます。

 GGG社の3事業にあらゆる企業さまに参画いただくことで、共同でグローバル市場における持続可能でグリーンな経済発展に貢献していきたいと考えております。

以 上

<参考>
・GGG社は、2018年6月29日にお知らせした、東京電力パワーグリッド株式会社と中部電力株式会社、 ICMG Partners Pte Ltd(以下「ICMG」)との合弁会社であり、「世界に幸せをもたらす」というビジョンのもと、SDGs(持続可能な開発目標)へコミットし、アジア諸国のマイクログリッド事業等へ参画しプラットフォームとして活用することで、その事業の上で、インキュベーション事業や人財育成事業を実施していきます。

・CGP社は、WEnergy Global Pte Ltd※とICMGとの合弁会社で、ワールドクラスのインフラストラクチャーを有しており、1億ドル規模の案件開発を目標としている。現地パートナーと共同で東南アジア諸国にマイクログリッド案件6千万ドルを発掘。今後、3~4年間での事業化に向け、着実に事業を進めています。※WEnergy Global Pte Ltd;(本社:シンガポール、CEO;Atem S. Ramsundersingh)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]