編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

音楽が持つダイナミズムを余さず伝えるプリメインアンプ『AX-505』新発売

ティアック株式会社

From: PR TIMES

2019-01-23 17:40

ティアック株式会社(本社:東京都多摩市、代表取締役社長:英 裕治)は、XLRバランス入力を搭載したプリメインアンプ『AX-505』を販売開始いたします。



[表: (リンク ») ]



[画像1: (リンク ») ]

             『AX-505』 (リンク »)

[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]


『AX-505』は設置面積がわずかA4サイズのコンパクトな筐体に115W+115Wもの高出力を実現したステレオプリメインアンプです。パワーアンプ部には新たにオランダHypex社製アンプモジュールNcoreを採用。そのエネルギー変換効率の良さから、低消費電力・低発熱で115W+115W(4Ω時、定格出力)を実現するとともに、低ひずみ率、高S/N比のクリアな音質はハイレゾ音源が持つダイナミックかつ繊細な音を確実に描写します。さらに、グランドセパレート接続に対応したヘッドホンアンプを搭載しており、高品位なヘッドホンリスニング環境をも提供します。

外観でひときわ目を引く2つのレベルメーターは、スペックのみで語られがちな現代のオーディオ装置において音楽を愉しむという本来の目的を叶えます。さらに適度な回転トルクを持ち微細な音量調節が可能なアルミ削りだしのボリュームノブ、静寂性を追求したファンレス設計など、随所に音楽と対峙するためのノウハウを惜しみなく投入しました。『AX-505』はティアックの最新USB DACのUD-505や、ネットワークプレーヤーNT-505と組み合わせることでDSD 22.5MHzやPCM 768kHzなどのハイレゾ音源が持つポテンシャルを存分に愉しむことができるプリメインアンプです。

[画像4: (リンク ») ]

                        S:シルバー

[画像5: (リンク ») ]

                       B:ブラック

【特長】
・パワーモジュールに定格出力115W+115W(4Ω)ティアック専用チューニングを施したHypex Ncoreを採用
・高品位なアナログオーディオ信号を再現するMUSESオペアンプを採用
・左右各チャンネルごとに独立したラダー抵抗切替型電子ボリュームを採用
・新設計の大容量トロイダルコアトランス
・ショットキーバリアダイオードを採用した電源回路
・4段階ディマー・バックライト付きVUメーター
・XLRバランス入力(1系統)とワイドピッチのRCAアンバランス入力端子(3系統)
・AWG8およびバナナプラグ対応の金メッキ大型スクリュー式スピーカー端子
・リニアリティの高い出力を実現するCCLC方式ヘッドホンアンプ回路
・グランドセパレート接続にも対応した3.5mm4極ヘッドホン端子
・制振性と高級感を両立するフルメタル筐体
・オートパワーセーブ機能
・リモコン付属

【仕様】
詳細仕様はウェブサイトをご確認ください。

【製品ページ】
(リンク »)

[画像6: (リンク ») ]



背面

[画像7: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]