耳にかけて話すだけ、ハンズフリーで翻訳してくれるイヤホン型翻訳機「WT2 Plus」を発売

SB C&S株式会社 2019年01月24日

From PR TIMES



SB C&S株式会社(旧社名:ソフトバンク コマース&サービス株式会社)は、Timekettle(タイムケトル、本社:中国・深セン)製のイヤホン型翻訳機「WT2 Plus(ダブリューティーツープラス)リアルタイムウェアラブル翻訳機」を、大手家電量販店やAmazonなどで2019年1月25日に発売します。なお発売に先立ち、本日よりSoftBank SELECTION オンラインショップで予約の受け付けを開始します。
[画像1: (リンク ») ]


「WT2 Plusリアルタイムウェアラブル翻訳機」は、イヤホン型のリアルタイムウェアラブル翻訳機です。これまでの翻訳機では、専用アプリや画面を見ながら相手とのやり取りを必要としていたのに対して、WT2 Plusはイヤホンから流れる音声のみ※でハンズフリー会話が可能になることから、他言語話者と、より自然な会話を実現しました。なお、翻訳可能な言語は、英語や中国語、韓国語、ドイツ語、フランス語など36言語です。
※別途アプリと連携する必要があります。
[画像2: (リンク ») ]


WT2 Plusを利用するには、アプリ「WT2 Plus」※1をインストールしてイヤホンをBluetooth(R)接続するだけ。アプリとイヤホン2つが協調して動作する世界初※2の「1+2 人工知能翻訳システム」によって、片方のイヤホンを会話したい相手に渡すだけで、翻訳を交えた自然な会話が可能になります。
※1 対応OS:iOS 11.0以降、Android 7.0TM以降
※2 Timekettle 調べ(2019年1月24日時点)

利用者は場面に応じて、イヤホンのみで行う「自動モード」と「タッチモード」、イヤホンとスマホアプリで行う「スピーカーモード」の3つのモードをご利用いただけます。自動モードは、周囲にノイズが少ない環境で、言葉を自動認識して翻訳してくれるモードです。一方のタッチモードは、ノイズが多い屋外などで、イヤホン部分をタッチすることで会話の認識精度を上げるモードになります。また、スピーカーモードは、スマホアプリと併用することで、複数人との会話が可能になります。これらの3つのモードにより、旅行からビジネスまで、さまざまな場面でお使いいただけます。
[画像3: (リンク ») ]

仕様

[画像4: (リンク ») ]


価格(税込み)
2万6870円
※SoftBank SELECTIONオンラインショップ販売価格

同梱物
・MicroUSBケーブル
・フィットスリーブ×6
・イヤーフック×2
・説明書
・保証書

※2019年1月1日より、ソフトバンク コマース&サービス株式会社は「SB C&S株式会社」へ社名を変更しました。

● Bluetoothは米国Bluetooth SIG, Inc.の登録商標です。
● AndroidTMは、Google LLCの商標です。
● SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
● その他、このお知らせに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]