新チャンピオン『解き放たれし者 サイラス』実装 | PCオンラインゲーム「リーグ・オブ・レジェンド」

合同会社ライアットゲームズ 2019年01月26日

From PR TIMES

新コンテンツが続々!PCオンラインゲーム「リーグ・オブ・レジェンド」

PCオンラインゲーム「リーグ・オブ・レジェンド(League of Legends)」の運営元Riot Games, Inc.(米国)の日本法人である合同会社ライアットゲームズ(港区六本木、社長/CEO:小宮山 真司)は、143体目となる新しいチャンピオン「解き放たれし者 サイラス」を1月26日(土)に実装しました。



[画像1: (リンク ») ]

■「サイラス」紹介ページ
(リンク »)
■ 「サイラス」ムービートレーラー

[動画1: (リンク ») ]



***************************************
かつて俺は囚人だった。お前たちと同じように。
生まれ持った特質のために、臆病者や偽善者たちによって牢に閉じ込められ、死を待つばかりだった。
復讐以外に、生きる理由はない。この鎖の他に、失うものなど何もない。
これから起きる革命──俺たちが起こす革命──そこではこの鎖こそが俺たちを自由にするだろう。
そして俺たちは二度と、鎖に繋がれることはない。

“ つく側を間違えたな ” ― サイラス
***************************************


◇『サイラス』のスキル

■固有スキル:「ペトリサイトバースト」

[画像2: (リンク ») ]

スキル使用後、次に行う通常攻撃でサイラスが鎖を旋回させて付近の敵にダメージを与える。

[動画2: (リンク ») ]



■Q:「鎖の鞭」

[画像3: (リンク ») ]

サイラスが両腕の鎖を叩きつけ、敵にダメージとわずかなスロウ効果を与える。少ししてから鎖の交差部分が爆発し、再度ダメージと増加したスロウ効果を敵に与える。

[動画3: (リンク ») ]



■W:「王殺し」

[画像4: (リンク ») ]

対象に飛びかかって強烈な攻撃を浴びせ、ダメージを与えると共に自身を回復する。対象の体力が低い場合は与えるダメージが増加し、サイラス自身の体力が低い場合は回復量が増加する。

[動画4: (リンク ») ]



■E:「逃亡/拉致」

[画像5: (リンク ») ]

短距離をダッシュして自身にシールドを張る。再詠唱すると敵を鎖で打ってスタンとダメージを与え、最初に命中した敵の方向へ自身を移動させる。

[動画5: (リンク ») ]



■R:「乗っ取り」

[画像6: (リンク ») ]

敵のアルティメットスキルを乗っ取って自身のスキルとして使用する。サイラスに乗っ取られた後も、敵はアルティメットを発動できる。乗っ取りがクールダウン中でない限り、いつでも敵のアルティメットスキルをコピーできるが、一度乗っ取った相手からはしばらく乗っ取れない。

[動画6: (リンク ») ]



◇『サイラス』の戦術

サイラスをプレイする際は、無慈悲な魔法攻撃を浴びせて刃向かう相手に石と鋼の殴打をお見舞いしよう。鎖の鞭で敵に鎖を打ち付けたら、即座に通常攻撃を仕掛けてペトリサイトバーストで鎖を振り回して敵にダメージを与える。これを繰り返して敵を倒そう。さらに、逃亡で敵に拘束されることを避け、ちょうど良い位置についたら引き寄せる人質を選んで拉致しよう。生死を懸けた場面では、破壊力のある王殺しで迫害に終止符を打とう。

レベル6に到達したらすべての潜在能力を一気に解放し、乗っ取りで敵の力を大いなる目的──あなた自身の目的のために利用しよう。終盤では立て続けに複数のアルティメットスキルを乗っ取れるようになるので、敵チームの強みをそっくりそのままお返しし、革命成就を成し遂げよう。最期に跪くのは、彼らだ。

◇ 立ち回りのヒント&トリック

スキルを使用するたびに強化された通常攻撃を繰り出してダメージを最大化し、敵を粉砕しよう。最も効果的なコンボは、各スキル + ペトリサイトバーストだ。これを食らった敵は倒されるか、そうでなくとも瀕死でふらふらになるかのどちらかだろう。

アルティメットスキルの乗っ取りを発動する際には、その時点において一番必要なものや、少ししたら極めて重要になりそうなものなど、あらゆるオプションを考慮しよう。容赦のないダメージの必殺技は目の前の小競り合いでは決定打となるかもしれないが、強力な行動妨害スキルは次に直面する集団戦で勝利の決め手となるかもしれない。

敵のアルティメットスキルを乗っ取りで奪うと、その後しばらくは同じ対象のアルティメットスキルを乗っ取ることはできない。的確な戦略のもと、ここぞという場面で乗っ取ろう。乗っ取ったアルティメットスキルを即座に使用する必要はないが、あまりにも長く躊躇っていると試合全体を通してのアルティメットスキル発動回数が減ってしまうので、注意が必要だ。対戦相手にしっぺ返しを食らわすベストなタイミングと能力を見極め、勝機をつかもう。

【サイラス立ち回り参考】

[動画7: (リンク ») ]



◇『月の生霊 サイラス』スキン

[画像7: (リンク ») ]

新チャンピオン『サイラス』は、975RP(課金により購入することができるゲーム内ポイント)、または 7,800ブルーエッセンス(ゲームをプレイすることでもらえるゲーム内ポイント)で購入することができます。また、『サイラス』のゲームプレイ中の見た目や各種動作を変えることができるスキン「月の生霊 サイラス」(1,350RP)も同時に登場します。このほかにも新たなスキンを順次追加予定です。
※価格はリリース時のものです。
※チャンピオンのスキルや各種設定は今後のゲーム内アップデート(パッチ)によって調整または変更されることがあります。



ライアットゲームズとは

「最高のゲームは、プレイヤー第一主義のチームから生まれる」という信念を持つ、2人のゲーマー、マーク・メリルとブランドン・ベックにより、『世界一プレイヤーを大事にするゲーム会社』をモットーとして2006年に創業。2009年には、デビュー作『リーグ・オブ・レジェンド』をリリースし、プレイヤーとメディアの双方から高い評価を受ける。本社は、米国カリフォルニア州サンタモニカにあり、世界19ヶ所にオフィスを展開。(2017年3月現在)日本オフィスは2014年4月に設立、リーグ・オブ・レジェンドの日本版サービスを2016年3月より開始。
ライアットゲームズ: (リンク »)


リーグ・オブ・レジェンドとは

2009年10月に米国でサービスを開始、2016年9月時点で月間アクティブプレイヤーが1億人を突破し、世界各地で大規模な大会が行われているPCオンラインゲーム。マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ(通称 MOBA)と呼ばれる5人対5人を基本とした対戦型PCゲームで、プレイヤーが操作する「チャンピオン」と呼ばれるキャラクターで相手本陣の攻略を競う。RTS(リアルタイムストラテジー)のテンポと迫力に RPG要素を加え、スピード感のある展開が特徴で、その競技性の高さから、eスポーツの代名詞として世界中でプロリーグが開催されている。毎年行われるeスポーツ最高峰の世界的祭典「League of Legends World Championship」は視聴者数5760万人を記録するなど大きな注目を集める。多彩なキャラクターや作りこまれた世界観、映像や音楽、などゲーム以外のコンテンツも魅力で、コスプレやファンアートをはじめとした熱狂的なコミュニティ活動も各地で行われている。
リーグ・オブ・レジェンド: (リンク »)
[画像8: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]