編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

OSAKIスマートメータリングシステム 提供開始

大崎電気工業株式会社

From: PR TIMES

2019-01-28 11:00

 複数建物の水道光熱費を一括検針・管理、1/30-2/1 ENEX2019にて初出展 

大崎電気工業株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:渡辺 光康、以下「大崎電気」)は、検針業務を自動で一括検針・管理する「OSAKIスマートメータリングシステム」のサービス提供を4月より、全国で本格展開致します。



[画像: (リンク ») ]



(1)背景・概要

電力自由化が進み、2020年代には一般家庭にスマートメーター完全導入が目前となっています。当社は、創業100年にわたる電力量計等の計測制御機器の開発・提供を通して蓄積した技術を基に、当社クラウドサーバーの利用が可能となる独自のスマートメータリングシステムを開発しました。これにより、人的ミスによる誤検針や転記ミスを防ぎ、テナント毎の目視による検針が不要になります。


(2) OSAKIスマートメータリングシステム概要

建物内の各テナントの子メーターに取り付けるスマートメーターを活用し、30分毎に電気・ガス・水道の使用量をきめ細やかに自動収集・一括管理。OSAKIクラウドサーバーの情報通信機能でリアルタイムデータを共有することにより、毎月の目視検針が不要となり、日々の運用改善・省エネに貢献します。


(3)導入メリット

・検針業務の自動化
毎月の検針作業が不要になることにより人件費削減や人的ミスによる誤検針を防ぎます。

・電気使用量の「見える化」
一括管理システムで遠隔かつ複数建物管理が可能になります。

・PLC/無線ハイブリット通信方式採用による導入コスト削減
選べる通信方式でケーブル新設を最小限に抑え、初期導入コストが削減できます。

<会社概要>
会社名 大崎電気工業株式会社
代表者 代表取締役社長 渡辺 光康
創業    1916年
所在地 東京都品川区東五反田2-10-2 東五反田スクエア
会社HP (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]