編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

船舶と貨物の最適マッチングを実現する海運プラットフォーム ”maruFreight” サービス開始

maruFreight, Inc.

From: PR TIMES

2019-01-28 12:00

海運及びサフ゜ライチェーンの最適化を実現するテ゛シ゛タルマーケットフ゜レイスのサーヒ゛ス開始

スタンフォート゛, コネチカット州 (米国) - 2019年1月8日 - 海運及びロシ゛スティクス分野でのテ゛シ゛タル化を推進するmaruFreight社は、本日新たなフ゜ラットフォーム“maruFreight”のサーヒ゛スを開始した。このフ゜ラットフォームは海運及びサフ゜ライチェーンの最適化を実現するテ゛シ゛タルマーケットフ゜レイスであり、主に欧米の海運市場をターケ゛ットとする。



CEOのAntonio Brizzo氏は「今日は海運産業にとって記念すべき重要な日だ。最新技術とリアルタイムインフォメーションにより最適化されたテ゛シ゛タル体験を提供、従来の複雑な用船フ゜ロセスを効率化するmaruFreightフ゜ラットフォームをユーサ゛ーの皆様に届けることが出来ることを誇りに思う」 と述べた。

maruFreightはユーサ゛ーに対して、利用可能な不定期船情報、及びハ゛ルク貨物情報を提供。用船フ゜ロセスに於ける様々な段階に於いて、荷主と船会社間のフ゜ラットフォーム上での最適なコミュニケーション、交渉フ゜ロセスを実現する。

「maruFreightは単一のフ゜ラットフォームにて荷主、船会社双方の全てのユーサ゛ーと繋がることで、サフ゜ライチェーンを可視化する洗練されたマーケットフ゜レイスである。maruFreightを利用することで ユーサ゛ーの皆様は全世界の潜在顧客、ハ゜ートナーと接触することが可能となる」

近年に於いても、運賃の見積を取付けるには、大変な労力が必要とされている。一方で船会社側では荷主の要求する期限内での見積作成、提案が求められる状況で有り、 これら業務を効率化する解決策として、maruFreightはシンフ゜ル且つ効率的な運賃交渉、マッチンク゛フ゜ロセスを実現。荷主が最適な船舶を見つけることを可能にする一方、船会社も配船業務効率化、新規顧客開拓を容易に行うことが可能となる等、荷主、船会社双方の要望に応えるフ゜ラットフォームとなっている。

同社EVP兼COOの下薗和幸氏は「maruFreightの目的は 技術とテ゛ータを活用し、ユーサ゛ーの皆様の用船業務効率向上、意思決定のサホ゜ートを行うことである。我々はより構造的なテ゛ータ解析を行える技術の活用、製品開発に集中することでこれらの機能を実現している」と語った。

maruFreightは常に時代を先取りし、広く深い視点で物流フ゜ロセスを俯瞰することで、ロシ゛スティクス産業全体を支えることを使命としている。

今回サーヒ゛スを開始する運賃交渉のマーケットフ゜レイスに続けて、maruFreightでは今後もフ゜ラットフォーム機能の拡張を行っていく予定。主要株主とのハ゜ートナーシッフ゜により、物流事業全体に対する包括的なソリューション提供を目指すと共に、株主が展開する他サーヒ゛スとの連携、シナシ゛ーの追求も行っていく予定。

maruFreightのテ゛モンストレーションをご覧になりたい方は, info@marufreight.comまで御連絡をお願いします。また、より詳しくmaruFreight社及び、フ゜ラットフォームの内容を知りたい方は、同社ホームヘ゜ーシ゛( (リンク ») )をご覧ください。

[画像: (リンク ») ]

# # #

maruFreight概要

maruFreightは船舶及び、物流業界向けの革新的なテ゛シ゛タルマーケットフ゜レイスです。同社事業は投資家である三井物産株式会社、及び株式会社ウェサ゛ーニュース゛の物流事業、テ゛ータ収集・活用、気象情報・予報に関する知見を活用しています
拠点はスタンフォート゛、 コネチカット州(米国)に置き、 不定期船及びハ゛ルク貨物のオーナーに対して、効率的且つ、費用対効果の高いフ゜ラットフォームを提供することで、貨物に最適な船舶のマッチンク゛を実現します。2019年1月に中核機能を実装したフ゜ラットフォームでのサーヒ゛スを開始します。
更に詳細な情報をご希望の方は、メール (info@marufreight.com )でのお問合せ、又は同社ホームヘ゜ーシ゛( (リンク ») )をご覧頂くか、LinkedIn 、Twitterでのフォローをお願い致します。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]