【研究会ではおやじギャグ連発!?普段の昼食は!?】将棋界のレジェンド・羽生善治の人間像が明らかに!『羽生善治×AI』1/28(月)発売

株式会社 宝島社 2019年01月28日

From PR TIMES

株式会社宝島社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:蓮見清一)は、2019年1月28日(月)に『羽生善治×AI』を発売しました。



[画像1: (リンク ») ]

強さの秘密から将棋ソフトとの共存まで!「羽生の右腕」と呼ばれる棋士・長岡裕也が羽生善治の素顔を綴ります!
 将棋の神様・羽生善治氏は、将棋史に残る激闘となった2008年の「竜王戦」後、15歳年下の棋士と「VS(ブイエス)」と呼ばれる1対1の研究会を人知れずスタートさせていました。 以降、10年にわたるパートナーが、本書の著者である長岡裕也五段です。
 羽生の強さの秘密は? 研究会での羽生は何を話すのか? 将棋ソフトとの共存やAI進化を羽生はどう考えているのか? “右腕”だからこそわかる長岡五段の視点から、羽生氏の人間味あふれる温かさを垣間見る、「誰も知らない羽生」が綴られた一冊です!

羽生氏の写真も多数掲載!
[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]

(目次)
第1章: 1本の電話
第2章:「VS」の真実
第3章: ソフトとの10年戦争
第4章: 人工知能時代の本質

(※写真すべて・弦巻勝)




著者:長岡 裕也(ながおか ゆうや) プロフィール
日本将棋連盟棋士五段。米長邦雄永世棋聖門下。1985 年東京都生まれ。少年時代の羽生善治が通った名門 「八王子将棋クラブ」で腕を磨き、1997 年に棋士の養成機関である奨励会に入会。2005 年に四段昇段、プロ棋士となる。序盤研究に定評があり、戦術書の著書多数。2009年より羽生善治との研究会をスタートさせ、現在に至る。

[画像4: (リンク ») ]

『羽生善治×AI』
定価:本体1600円+税
発売日:2019年1月28日
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]