編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

AI関連製品の開発を手掛けるシナモン社への出資について

住友商事株式会社

From: PR TIMES

2019-01-28 14:40

住友商事株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員 CEO:兵頭 誠之、以下「住友商事」)は、AI関連製品・サービスを開発・提供する株式会社シナモン(本社:東京都港区、以下「シナモン社」)に出資しました。




シナモン社は、AI OCR(注)システム「Flax Scanner」を主力製品として、オフィス業務の生産性向上を実現するAI関連製品の開発を手掛けています。「Flax Scanner」は、従来認識が困難だった手書き文字を含む文書や非定型書類等を、高精度に理解し、データベースに取り込めるデータへの変換や整理が可能なシステムです。また、AI市場においては、市場の拡大速度にエンジニアの育成が追いつかず、AIエンジニアは不足傾向にあります。シナモン社は、ベトナムに保有する開発拠点のAIラボを通じて年間数十人規模のエンジニアを採用する仕組みを構築しており、製品開発力に強みがあります。

住友商事は、シナモン社との協業やシナモン社製品の活用を通じ、住友商事グループ全体のデジタルトランスフォーメーション(以下「DX」)を促進していきます。住友商事は、「中期経営計画2020」において、既存ビジネスの拡充に加え、プラットフォーム事業の活用とDXを推進し、次世代の新たな収益の柱となるビジネスの創出を目指します。次世代新規ビジネスの創出に関しては、将来のメガトレンドを見据えた上で、強みを活かせる分野として、「テクノロジーxイノベーション」・「ヘルスケア」・「社会インフラ」の3つを成長分野に特定し、未来視点で積極的に経営資源を投入します。


(注)OCR:Optical Character Recognition / Reader(光学的文字認識)
印刷物などに記載された文字をスキャナやカメラを用いて読み取り、コンピュータで活用可能なデータに変換する機能のこと。


<参考資料>
■住友商事のマテリアリティ(重要課題)
住友商事グループは『社会とともに持続的に成長するための6つのマテリアリティ(重要課題)』を、事業戦略の策定や個々のビジネスの意思決定プロセスにおける重要な要素と位置付け、事業活動を通じて課題を解決することで持続的な成長を図っていきます。本事業は、特に「地域と産業の発展への貢献」に資する事業です。
[画像: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

住友商事株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]