編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

現役ITエンジニアから学べるプロエンジニア養成所「TechTrain」、サービス開始から20日間でユーザー登録数100名突破!

株式会社TechBowl

From: PR TIMES

2019-01-28 15:40

メンターの数は30社60名を突破。

株式会社TechBowl(テックボウル)は、2019年1月7日(月)より30歳以下でプロのエンジニアとして就職・転職を目指す方を対象に、社会人ITエンジニアから無料で開発のアドバイスやコードレビュー・キャリア相談が受けられる「TechTrain(テックトレイン)」を開始。20日間で登録数100名を突破いたしました。またメンターは30社60名を突破いたしました。

HP: (リンク »)



「プロエンジニア養成所」とは?
TechTrain(テックトレイン)は、プロのエンジニアを目指すU30(30歳以下)の方のスキルアップとキャリア支援の場です。 業界で活躍する現役社会人エンジニアがメンターとなり、実践的なメンタリング、カリキュラムを提供します。

<サービス利用のメリット>
1.REALな学習
約30社60名を超える現役ITエンジニアメンターからリアルな仕事・技術について学ぶことができます。
開発のアドバイスやコードレビューをしてもらいながらプロのエンジニアを目指すことができます。
現在ユーザー満足度は95%を超えております。

2.CAREERの相談
エンジニア採用の経験豊富なキャリアアドバイザーにマンツーマンで就職・転職相談ができます。
スキルや志向に合わせて40社以上のIT・Web系企業の情報提供、ご紹介をさせていただきます。
15,000人以上の候補者と面談してきた代表小澤が直接面談させていただきます。

3.COMMUNITYへの参加
開発団体とのコラボ勉強会、メンターとの交流会等を通じて様々なエンジニアコミュニティに参加ができます。
*全国の各地エンジニアコミュニティ11団体と提携
(リンク »)

[画像1: (リンク ») ]



<サービスでできること>
1.社会人ITエンジニアと無料でオンライン面談
オンラインのため時間や場所にとらわれず、相談したい時に自由に相談・質問が可能です。
面談では、開発のアドバイス、コードレビュー、キャリア相談を無料で受けることができます。

2.技術勉強会、ハンズオンイベントへの参加
メンターが講師となり、技術分野や開発言語ごとの勉強会、ハッカソン、交流会を実施。ユーザーのみなさんは自由に参加できます。
先日開催した勉強会のレポートはこちらです。
*NextChain様とのコラボ勉強会レポート「トークンエコノミーを実務面から理解する」
(リンク »)

3.実務の疑似体験(※予定)
実務に近い開発教材を提供していきます。家でも研究室でもどこにいても実践経験を積むことができ、分からないところは現役エンジニアがメンタリングします。

<株式会社TechBowlとは>
TechBowlには「Tech(技術の)」「Bowl(サラダボウル)」という意味を込めています。様々なバックグラウンド、技術を持ったエンジニアが集い、混ざり、気づき、挑戦することで、1人1人が鮮やかに働く場を創ります。

<代表取締役/プロフィール>
■小澤 政生 / オザワ マサオ
2010年株式会社サイバーエージェント入社。2012年より同社にて技術職採用の関西エリア立ち上げを経験。7年間で約15,000人の候補者と対話。2017年新卒採用責任者として約200名の採用戦略、育成を担当。会社説明会を廃止し、オンライン会社説明会「サイブラリー」を仕掛けたり、各所で多数講演。2018年10月19日に株式会社TechBowlを創業。自身の経験を生かし、次世代のプロエンジニアを増やす仕組みを生み出す。
(リンク »)

<サービス誕生の背景>
7年間サイバーエージェントで採用人事として約15,000人の学生・社会人と対話しました。その中で慢性的なエンジニア不足を解決する為に、もっとIT業界各社が連携し、世の中にエンジニアを目指す人を増やす仕組みが必要だと感じました。10代、20代のエンジニアが日本一集まり、先輩のプロエンジニアから学び、集い、混ざる技術のサラダボウルのような世界を創りたいと思います。

<本件に関するお問い合わせ先>
株式会社TechBowl
MAIL: info@techbowl.co.jp


[画像2: (リンク ») ]


<会社概要>
■代表: 代表取締役社長 小澤政生
■設立年月日: 2018年10月19日
■会社ページ: (リンク »)
■住所: 東京都中央区八重洲1-9-9 東京建物本社ビル5F xBridge-Tokyo
■資本金: 4,310万円(資本準備金含む)
■主な事業: インターネットサービス業、技術者向け教育事業

◯Twitter
(リンク »)

◯note
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]