編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

PICOOC Miniスマート体重体組成計が発売 コンパクト・スマホ連携・12項目の計測データ

Genhigh

From: PR TIMES

2019-01-28 17:40

Bluetooth通信で、対応のiPhone・Android端末にデータを転送。専用のアプリ(PICOOC)で、データ管理とトレーニングが楽しくできます。

GenHighは2018年11月よりPICOOCブランドの体重計を正式代理販売開始。ピーコック(peacock)がきれいな翼を広げるようにご利用される人々が同じく素敵な生活を送るようにという思いを込めて、PICOOCをブランド名にしたという。



PICOOC体重計は乗る部分が強化ガラスで作られており、透明でスタイリッシュなモデルです。ガラスですが耐荷重150kgですので、男性でも安心して計測することができます。厚さがわずか2cmと薄型になっていますので、ちょっとした隙間があれば収納しておけます。
[画像1: (リンク ») ]



[画像2: (リンク ») ]

◆12種類の測定値:体重、BMI、BMR、体脂肪率、推定骨量、体内水分率、筋肉量、蛋白質、体内年齢、内臓脂肪レベルと充実の10項目に加え、体のスコアやボディタイプを知らせてくれる総合評価もあり、毎日の体の管理を応援してくれる機能が満載♪
◆ Bluetoothでスマホと連動 :Bluetoothをオンにすると、自動的に体重計と繋がります。過去のデータを参照できるだけでなく、視覚的な比較もしやすくなります。計測するたびに数値に応じて「痩せor標準or肥満」のいずれかを教えてくれ、健康管理のモチベーションを保つ肝心な機能と言えます。


◆乗るピタ機能と登録人数制限なし :乗るだけで自動的に電源オンになるので、手間を取らずに非常に便利です。また、何人でも登録できるので、人数が多い家族での健康維持にも活用できます。Appleヘルスケアともデータを共有できます。
◆高精度センサー : 高精度センサーを4つ搭載し、8kgから150kgまで正確に測れます。体重と体の電気抵抗値などから、乗った人を自動で見分けてくれます。
◆お手入れ:表面がフラットな形状なので拭き掃除もしやすく、白は汚れやすくて苦手と言う人にもおすすめできます。
◆安全使用:大きな滑り止めゴムが付いているので、床を傷つけてしまう心配もなく、安全に使用できます。
[画像3: (リンク ») ]



[画像4: (リンク ») ]


・仕様:
・サイズ:(約)幅26cm×奥行26cm×高さ2cm
・重量:1.2kg
・材質:ABS樹脂+強化ガラス
・測定範囲:8kg~150kg
・カラー:ホワイト
・電源:1.5V 単4電池3本
・電池持ち時間:約6ヶ月(1日1回の場合)
・対応デバイスのバージョン:iOS 8.0/8.0以降、Android 4.3/4.3以降、Bluetooth4.0/4.0以降

パッケージ内容:
・本体×1
・日本語取扱説明書×1
・単4電池×3


[画像5: (リンク ») ]



使用手順:
1.APP store /Google playからアプリ「PICOOC」をダウンロードします。
2.アプリを起動し、アカウントを作成し、個人データを登録します。
3.Bluetoothをオンにしたら、自動的に機器に繋がります。
4.機器を硬く平らな地面に置いてください。
5.素足で機器に乗り、アプリの「測定」ボタンをクリックし、測定を始めてください。
6.測定結果をアプリで確認できます。


【購入サイト】
→ (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]