編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

【業界初】テーブルチェック、飲食店利用ユーザーの信用スコア算出機能の開発を始動

株式会社TableCheck

From: PR TIMES

2019-01-29 10:40

ビッグデータの活用で無断キャンセル・ノーショー問題の解決を目指す



 飲食店とユーザーの「最高のレストラン体験を実現する」株式会社TableCheck(本社:東京都中央区、代表取締役社長:谷口 優、以下:テーブルチェック)は、飲食店とユーザー双方により良いレストラン体験を創出・提供する仕組みとして、ユーザーの評価を可視化する「TableCheckカスタマースコア」の開発を本格始動することをお知らせいたします。まずは、2019年より数店舗で本スコアの有効性測定を開始し、春以降の順次サービス提供開始を目指します。


[画像1: (リンク ») ]



 昨今、オークションやライドシェアなど、サービスの提供者と利用者双方の評価を可視化することで公平性を担保し、両者への利益を創出するなど、スコアリングを活用したサービスが広く普及しています。
 しかし飲食業界では、口コミ型のグルメサイトなど、ユーザーが飲食店を評価する一方的な仕組みしか整っていないのが現状です。一方的な評価では、公平性が担保されないまま風評被害などで飲食店に悪影響を及ぼすリスクもあります。結果として、飲食店とユーザーの最適なマッチングの弊害になっているのが現状です。 

 「TableCheckカスタマースコア」は、業界初の飲食店利用におけるユーザーの信用スコアを自動算出するサービスです。実際に来店した店舗からの評価や利用実績を信用スコアとして可視化することで、飲食店とユーザーのフェアな関係性を創出でき、マナーの良いユーザーにはこれまで以上に快適なレストラン体験を提供できるようになるなど、双方の便益の創出が期待できます。

 本スコアは、飲食店向け予約顧客管理システム「TableSolution(以下:テーブルソリューション)」や予約サービス「TableCheck(テーブルチェック)」を通して得られたビッグデータを解析し算出される独自のスコアです。ユーザーごとの信用スコアを自動算出し、飲食店とユーザーに公開することで、無断キャンセル・ノーショー問題の解決や、サービス品質の向上、限定特典の提案などに活用できる仕組みです。

 たとえば、高スコアのユーザーの場合、人気飲食店で特別席への優先案内や先行予約ができたり、より手厚いおもてなしを受けられるなど、便益の創出や満足度の向上が期待できます。また飲食店では、初めて来店するユーザーに対しても、過去に他の飲食店を利用した時の情報をもとに好みのメニューをおすすめしたり、特別メニューを提案できるなどの期待を上回るサービスの提供や、業界課題である無断キャンセル・ノーショーを抑止できる効果なども期待できます。

 まずは当社の保有するビッグデータの解析を行いながら、実際の飲食店舗や外部企業との実証実験等も実施し本スコアの有効性を測りつつ、飲食店やユーザーに満足いただけるようなサービスのあり方や、安心してご利用いただくためのセキュリティ面の整備を進めます。

 今後もテーブルチェックは飲食業界のビッグデータ活用を促進することで、世界中の飲食店・レストランとユーザー双方の満足度と便益の創出をサポートする包括的な仕組みの実現を目指し、「最高のレストラン体験の実現」に貢献してまいります。

■「TableCheckカスタマースコア」概要(※1)

[画像2: (リンク ») ]



飲食業界に貢献するお客様により手厚いサービスを提供
無断キャンセル(ノーショー)リスクへの事前対策を可能に
マナーを守る動機付け

※1:2019年1月現在、サービス提供準備中のため、仕様は予告なく変更になる場合があります。

■テーブルチェックが保有するビックデータについて


テーブルチェックが開発・提供する飲食店・レストラン向けの予約顧客管理システム「テーブルソリューシ ョン」は、世界17ヶ国、約3,100店舗(※2)の有名ホテルレストランや一流料理店・人気飲食店に導入されています。テーブルチェックはそれらの導入店舗を通して、予約状況、席数、立地、売上、時間ごとの稼働率、キャンセル率などといったお店内部の情報や、お店を利用するユーザーに紐づく、検索から予約、来店、会計、退店後までの行動データを含む、飲食ビッグデータを保有しています。

※2:2019年1月1日時点の実績、導入国数は日本を含む

■16ヶ国語対応のネット予約顧客管理システム「テーブルソリューション」とは

[画像3: (リンク ») ]



テーブルソリューションは月額12,000円(税抜)から利用できる、レストランの予約管理・顧客管理と、送客手数料0円ネット予約が一体となった総合管理システムです。利用継続率は99.71%(※3)、オウンドメディアとネット予約の最大活用による「予約のオートメーション化」を実現しています。これまでに、系列店への自動誘導、多言語対応(16ヶ国語)、クレジットカード決済「キャンセルプロテクション」(無断キャンセル対策)、CTI電話連携(おもてなし向上)、特許の電話自動応答「みせばん」(取りこぼし防止)、POS連携、スマートチェックアウト「TableCheck Pay」など、多くの業界初となる機能を実装し、飲食店ごとの課題にあわせたソリューションを提供しています。

※3:月々の契約店舗数から「閉店」と「休止」と「新店舗(オープン前)」以外の解約店舗数を除いた2018年7月~2018年12月の平均値

■株式会社TableCheck(テーブルチェック)について


「最高のレストラン体験を実現する」をミッションに掲げ、メイドインジャパンでグローバルスタンダードを指向する飲食店・レストラン向け予約顧客管理台帳システム「テーブルソリューション」を開発、提供しています。社内公用語は英語、世界各国から優秀なメンバーが集まり(2019年1月15日現在14ヶ国籍)、業界のイノベーターとしてマーケットをリードしています。世界中に展開する大手グローバルホテルチェーンや星付きレストランを筆頭に、厳しい水準と高い信頼性を求める一流のレストラン・飲食企業を取引先として抱え、日本国内にとどまらない事業展開を実現しています。


■会社概要


会社名:株式会社TableCheck(TableCheck Inc.)
代表者名:代表取締役 谷口 優
所在地:東京都中央区銀座2-14-5 第27中央ビル4F
設立年月:2011年3月
資本金:4億7,155万8,110円(資本金・資本準備金含む)
事業内容:飲食店、およびレストランの予約顧客管理、ネット予約の一元管理、多言語対応(16ヶ国語)、業界唯一のクレジットカード決済機能「キャンセルプロテクション」、集客ソリューションなどトータルマネジメントを実現するクラウドサービス「TableSolution」の開発・提供。
支社:4拠点(大阪、福岡、韓国、シンガポール)
Company: (リンク »)
TableSolution: (リンク »)
TableCheck: (リンク »)


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]