NJKとACCESS、IoT分野における協業を開始

ACCESS 2019年01月29日

From PR TIMES

株式会社エヌジェーケー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:石川 勝雅、以下:NJK)と株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:大石 清恭、以下:ACCESS)は、IoTを必要とする市場へのLPWA(※)を中核としたソリューション提供に向けて技術面と営業面で協業することで合意しました。



<背景>
昨今、あらゆる産業でIoT化が試みられている中で、センサー技術、省電力でデータ伝送を実現するLPWA、集積したデータのマイニング、AI技術など、多様なICT技術が用いられています。IoTビジネスを展開していくためには、産業や市場ごとに異なる課題と技術ごとに異なる特性を理解し、マッチングすることが必要です。

<両社の強み>
NJK
NJKは、ソフトウェアベンダとして幅広い法人市場での実績と、長きにわたる組込ソフトウェアの実績、豊富な業務知識を有し、市場の抱える課題を把握しています。また高い信頼性と継続性をもってビジネスを支える企業基盤を持っています。

ACCESS
IoTにおける実績と技術の先進性において業界をリードしています。ハードウエア、組込ソフトウェア、IP通信技術、クラウド、AIなど、端末側からサーバ側までIoTを支える技術分野に長けており、非IT企業との多彩な実証試験や商用実績を有しています。

<協業内容>
合意に基づき、NJKとACCESSはそれぞれの強みを生かし、LPWAを活用したIoTソリューションの提供に向けて技術面と営業面で協力してまいります。両社は、来年度中には各ターゲット市場に最適化したIoTソリューションを順次発表してIoTビジネスの展開を加速してまいります。

(※)LPWA(Low Power Wide Area、もしくはLPWAN)は、低消費電力の遠距離通信方式で、IoTを実現する通信技術の一つとして世界的に注目されています。

■株式会社エヌジェーケーについて
金融決済・社会インフラ・エンタープライズ(業務系)などのシステム開発と、車載・家電・モバイル分野の組込ソフトの開発をメインとしているNTTデータグループの企業です。直近では、エッジコンピューティングやディープラーニングなど、IoTやAIといったIT分野の最新技術開発にも積極的に取り組んでいます。
(リンク »)

■株式会社ACCESSについて
ACCESS(東証マザーズ:4813)は、1984年の設立以来、独立系ソフトウェア企業として、世界中の通信、家電、自動車、放送、出版、エネルギーインフラ業界向けに、モバイル並びにネットワークソフトウェア技術を核とした先進のITソリューションを提供しています。累計搭載実績15億台を超えるモバイルソフトウェアおよび300社以上の通信機器メーカーへの採用実績を誇るネットワークソフトウェアにおける開発力・ノウハウを活かし、現在、組込とクラウド技術を融合したIoTソリューションの開発・事業化に注力しています。アジア、米国、ヨーロッパ地域の子会社を拠点に国際展開も推進しています。
(リンク »)
[画像: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]