いろんな場所が「みつかるインフラ」に。置くだけでMAMORIO SpotになるWi-Fiアクセスポイント「MAMORIO Spot Wi-Fi」を提供開始。

MAMORIO株式会社 2019年01月29日

From PR TIMES

高性能でクラウド制御が可能なWi-Fiアクセスポイント「wiffy( (リンク ») )」などのソリューションを提供するFi株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役:門垣 伸哉 以下、ファイ)は、世界最小クラスの紛失防止IoTデバイス「MAMORIO( (リンク ») )」を提供するMAMORIO株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役:増木 大己 以下、マモリオ)と提携し、お店などに置くだけで落し物がみつかるMAMORIO Spot対応のWi-Fiアクセスポイント「MAMORIO Spot Wi-Fi」の提供を開始いたしました。



[画像1: (リンク ») ]

● MAMORIO Spot Wi-Fiとは?

紛失防止デバイス「MAMORIO」を付けた所持品がMAMORIO Spot Wi-Fi設置場所に届けられた際、ファイが提供するWi-FiアクセスポイントがMAMORIO Spotとして「MAMORIO」から発信された電波を受信し、位置情報を自動的に通知するサービスです。なお、「MAMORIO」は大手家電量販店,大手百貨店、オンラインショップ等において販売しております。

※お客さまご自身で事前に「MAMORIO」を購入し、所持品に取り付け、専用アプリ「MAMORIO アプリ」をスマートフォンにインストールし登録していただくことが必要です。
[画像2: (リンク ») ]



● 既設のWi-Fiアクセスポイントを交換するだけで利用可能

専用のアンテナなどを設置する必要はなく、既設のWi-Fiアクセスポイントをファイが提供するMAMORIO Spot対応の「wiffy(ウィフィー)」と交換するだけで利用いただけます。

業務用のWi-Fiとしてはもちろん、お客さまへのフリーWi-Fiとして提供することもできます。
[画像3: (リンク ») ]



● MAMORIO Wi-Fiが役立つ設置場所

年間数十万点もの落し物が届けられるコンビニエンスストア、忘れ物が頻繁に発生する飲食店への設置を想定しており、すでにたくさんのお問い合わせをいただいています。

また、MAMORIOのクラウドトラッキングネットワーク上で発見可能な認知症の方向けのお出かけ支援ツール「Me-MAMORIO(ミマモリオ)」や、他社と協業で展開しているMAMORIO Insideシリーズについても、通常のMAMORIOシリーズと同様にMAMORIO Spot Wi-Fiで検知することが可能となりますので、お子さまの見守り、ペットの迷子、自転車の盗難など様々な社会課題の解決に繋がります。
[画像4: (リンク ») ]



● MAMORIO Wi-Fiの利用料金と申し込み方法


【利用料金】
機器費用(初期設置費用含む)+月額1,980円(税別)
※ 最低利用期間は12ヶ月となります。

【申し込み方法】
下記よりお申し込みを受け付けております。
(リンク »)

【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
Fi(ファイ)株式会社 広報担当:高萩(タカハギ)
メールアドレス:info@wiffy.me
MAMORIO株式会社 案件担当:泉水亮介(センスイリョウスケ)
メールアドレス:pr@mamorio.jp

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]