編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

CtoC型プログラミング学習教材のマーケットプレイス「Techpit Market」からGoogle Apps Script (GAS) の新教材がリリース

株式会社テックピット

From: PR TIMES

2019-01-29 11:00

-「GASでGmailをSlackに通知する教材」と「GASでTODO管理のLINE BOTを作る教材」の2教材がオープン -

株式会社テックピット(本社:東京都千代田区、代表取締役:山田 晃平、以下テックピット )が運営する、サービスを作りながらプログラミングが学べるCtoC型プログラミング学習教材のマーケットプレイス「Techpit Market」から、この度Google Apps Script(以下、GAS)による2つの新教材「GASでGmailを自動的にSlackに通知しよう!」「GASでTODO管理のLINE BOTを作ろう!」がリリースされました。



[画像: (リンク ») ]


◼️GAS教材公開の背景

GASはGoogle社が提供しているプログラミング言語です。GASを使うとGoogleスプレッドシートやGmail、Googleカレンダーと言ったGoogle Appsと連携したプログラムを作成することができます。 企業の活用例としてもGoogle社が提供するグループウェアサービスであるG suitesの導入企業数は ※1 1400万社を超えており、Gsuitesの導入数の伸びとともに、エンジニアだけでなく非エンジニア職からのGASの学習への需要も高まっております。この度、非エンジニアの受講者の方から業務効率化のためにGASを学びたいという声を多くいただいたためリリースに至りました。

※1 (リンク »)

◼️リリースされた教材概要
1.「GASでGmailを自動的にSlackに通知しよう!」
URL: (リンク »)

教材の概要:
Googleが提供するプログラミング言語「Google Apps Scirpt」を使ってGmailに届いたメールをSlackに通知するスクリプトを作成します。本教材では、コードを書くところの準備から実装までを順番に説明しています。Incoming Webhooksの設定や、Slackに通知する機能の開発ができ、GASの基本的な使い方を身に着けることができます。
値段:1,480円
使用言語:GAS
レベル:初級者向け
作成時間の目安:6時間

2.「GASでTODO管理のLINE BOTを作ろう!」
URL: (リンク »)

教材の概要:
Googleが提供するプログラミング言語「Google Apps Scirpt」でLINE BOTを使ったToDo管理アプリBotを作成します。本講座では、LINE BOTの作成準備から作成完了するまでを順番に説明しています。ToDOの追加・完了・リセットなどを開発ができ、LINEbotを一度も作成したことがない人でも難なく取り組める講座になっています。
値段:1,980円
使用言語:GAS
レベル:初級者向け
作成時間の目安:7時間

■Techpit Marketについて
URL: (リンク »)

Techpit Marketは、CtoC型のプログラミング学習教材のマーケットプレイスです。エンジニアは得意な技術や個人プロジェクト等で開発したサービスを「プログラミング学習者向けの教材」として販売することが出来ます。一方で、プログラミング学習者はエンジニアが作った教材を元にプログラミングの学習を進めることが出来ます。
現在は「Tinder風マッチングサービスを作ってみよう!」、「Instagram風SNSサイトを作ってみよう!」、「javascriptでタイピングゲームを作ってみよう!」、「仮想通貨を使ってツイッターで投げ銭するアプリを作ってみよう!」、「機械学習で画像を判別してみよう!」、「Trello風Todoアプリを作ってみよう!」などの現役エンジニアが作った教材が提供されております。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]