編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

 介護業界最大級の専門展「第5 回CareTEX2019」に出展

パイオニア株式会社

From: PR TIMES

2019-01-29 13:40

~カーナビやドライブレコーダーを用いて介護現場の働き方改革を支援~



 
[画像: (リンク ») ]

 パイオニアは、2月6日(水)から8日(金)まで、東京ビッグサイトで行われる介護業界最大級の専門展「第5回CareTEX2019」に出展します。
 パイオニアブースでは、カーナビやドライブレコーダーを用いて効率的かつ確実な送迎サービスを実現する当社のクラウド型運行管理サービス「ビークルアシスト」を展示し、介護業界における働き方改革をサポートするソリューションとして提案します。
 また、「ビークルアシスト」と連携させることで、配車管理まで含めたサービスの提供が可能になる株式会社ブルーオーシャンシステム(以下、ブルーオーシャンシステム)の高齢者介護・障がい者支援事業所向け介護記録システム「ブルーオーシャンノート」も展示します。

パイオニア 業務用カーソリューションホームページ : (リンク »)

【第5回CareTEX2019】
介護用品や介護施設向け設備・サービスに特化した専門展
日 時  :2019年2月6日(水)~2月8日(金)
場 所  :東京ビッグサイト(パイオニアブース :東2ホール17-30)
主 催  :   ブティックス株式会社
公式ホームページ  :   (リンク »)

【出展内容】
1) クラウド型運行管理サービス「ビークルアシスト」
リアルタイムで車両の状態を把握できるほか、訪問コースや業務内容の指示も行える運行管理サービス。手軽に導入できる“パッケージサービス”に加え、既にお客様が保有されている配車計画などのクラウドサービスと連携できる“Web API※サービス”を提供しています。
※API(Application Programing Interface)は、コンピュータープログラムで作成された機能を外部のプログラムから利用するため
の仕様。
  
・カーナビと連携して送迎業務を効率化
-日々変わる送迎先を移動時間の少ない効率的な送迎順に並べ替える「コース作成機能」
-効率的な送迎コースや送迎先への連絡事項をカーナビに随時送信、表示して送迎をサポート

・通信ドライブレコーダーと連携して送迎車両の安全管理
-事故や危険運転時に動画を自動で録画・アップロードするため、リアルタイムに車両の状況把握が可能
-急ブレーキ多発地点である「ヒヤリハット地点」に近づくと、音声と画面表示でドライバーに警告して危険運
転を未然に防止
        
2) 高齢者介護・障がい者支援事業所向け介護記録システム「ブルーオーシャンノート」(ブルーオーシャンシステム)
ブルーオーシャンシステムが提供する、クラウドとタブレットPCを活用して高齢者介護、障がい者支援、医療・保育現場などで記録管理業務を行えるサービス。同サービスと当社の「ビークルアシスト」および業務用カーナビを“Web APIサービス”を使って連携させることで、カーナビへの送迎ルートの簡単登録や、車両状況や到着時間のリアルタイム管理を行える配車管理まで含めたサービスを提供できます。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

パイオニア株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]