国内最大規模!スマホなどを活用した多言語映像通訳サービスを全国のイオン約550店で導入!

イオン株式会社 2019年01月29日

From PR TIMES

~春節やスポーツの世界大会に向け~



イオンは、来たる春節やスポーツの世界大会開催に向けて訪日する外国人旅行客へのショッピングの利便性・快適性のさらなる向上を目指し、2月1日(金)より、多言語映像通訳サービス「みえる通訳※1」(以下、本サービス)を全国の「イオン」「イオンスタイル」約550店舗に本格導入します。これを皮切りに、今後、グループ企業にも順次拡大してまいります。
[動画: (リンク ») ]



観光庁が実施したアンケート※2では、訪日外国人旅行客が旅行中困ったことは「施設などのスタッフとのコミュニケーションがとれない」が32.9%で最も多いとされています。また、「言葉の壁がない環境で買い物したい」「買い物時に言葉が通じると嬉しい」といったお客さまの声もあります。


[画像1: (リンク ») ]

本サービスは、いつでもどこでもワンタッチで通訳オペレーターにつながり、お客さまとの接客をサポートする多言語映像通訳サービスです。英語・中国語・韓国語・ポルトガル語・スペイン語・タイ語・ベトナム語・ロシア語・フランス語・タガログ語の10言語にご対応します。


今回イオンでは、従業員が携帯するイオンモバイルの社内スマートフォンやタブレット端末を使用することで、円滑なコミュニケーションが可能になり、お客さまをお待たせすることなく、正確な情報を伝えることができます。

さらに、イオンは訪日客に向けた割引クーポンの発行、「Alipay(R)」「WeChat Pay」などのモバイル決済サービスの店舗拡大やインバウンドホームページの充実化、インバウンドSNSでの情報配信など、外国人旅行客向け各種サービスの拡充してまいります。

今後もイオンは、このようなサービスの提供をはじめ、訪日外国人観光客のみならず、日本に在住する外国人のお客さまにとっても更なる快適な買い物環境を追求してまいります。

※1:株式会社テリロジーサービスウェア( (リンク ») )が展開するサービスです。
※2:観光庁 平成28年実施「訪日外国人旅行者の国内における受入環境整備に関するアンケート」より
[画像2: (リンク ») ]


■多言語映像通訳サービス「みえる通訳」の概要

[画像3: (リンク ») ]


・サービス開始日:2019年2月1日より本格展開

・店舗数:約550店(約2万台)

<各社導入店舗の内訳>

≫イオンリテール株式会社・・・約400店

≫イオン北海道株式会社・・・40店

≫イオン九州株式会社・・・65店

※サービスカウンターにてタブレットでの対応となり、スマホは順次店舗へ導入予定。

≫イオン琉球株式会社・・・47店

・対応言語:英語・中国語・韓国語・ポルトガル語・スペイン語・タイ語・ベトナム語・ロシア語・フランス語・タガログ語の10言語 ※時間帯により一部対応できない言語があります。

・その他機能:

1. さわって通訳:さまざまな接客シーン接客場面に応じた対応や質問などの定型文を指し示すことで、場面に応じた案内ができます。また、よく使用される接客ワードの読み上げ機能もあり、従業員の言語教育ツールとしても活用。

2. 手話通訳:手話通訳オペレーターにより、聴覚・発話障がいのお客さまへの対応が可能。※日本手話のみ。

[画像4: (リンク ») ]


以上

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

イオン株式会社の関連情報

イオン株式会社

イオン株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]