編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

GSX、Hardening ProjectサブプロジェクトであるMicro Hardening:Enterprise Editionを川口設計の支援をもとにリリース

GSX

From: PR TIMES

2019-01-30 09:40

~ 川口洋 氏が総合プロデュースする超実践型サイバーセキュリティ演習トレーニング開講 ~

グローバルセキュリティエキスパート株式会社(本社:東京都港区海岸1-15-1、代表取締役社長:青柳 史郎、 (リンク ») 、以下、GSX)は、株式会社川口設計(所在地:東京都千代田区神田神保町2丁目2番202、代表取締役 川口洋、 (リンク ») 、以下川口設計)と連携し、超実践型サイバーセキュリティ演習トレーニングであるMicro Hardening:Enterprise Editionをリリースしました。



◆企業におけるサイバー攻撃対応の現状と課題

 近年の外部脅威(サイバー攻撃)の激化に伴い、その脅威に対峙する場面も少なくない企業担当者にとっては以下のような課題に直面しているケースがあると思われます。

・セキュリティに関する基本的な知識が不足している
・セキュリティに関するトレーニングが退屈で敬遠される
・知識はあるが、経験が不足しており、緊急時に対応できない
・手順書や規定が整備されているが、対応のスピード感や温度感がわからない
・システムの資産管理ができていないため、対策に漏れがでている
・システム運用を軽視した対応で障害が引き起こされる
・対応能力の向上は個人の取組に依存しており、組織として対応できない

 これら課題の解決には「エンジニアが手を動かして繰り返しサイバー攻撃対応を経験するトレーニングの提供」が必要となります。

◆Micro Hardening:Enterprise Editionとは

 Micro Hardening: Enterprise Editionでは45分間の演習を1セットとし、1日に4セット実践演習することができます。毎回、同じタイミングで同じ攻撃が発生するように設定されていますので、再チャレンジするたびに、少しずつ攻撃の状況を観測し、対処する方法を実際に試すことで、どのような事が起こるのか、スリルとクリアする快感を伴って「経験」できます。
 今まで培った知識を現実に即した「攻撃への対処」として実践する事で、短時間に大きな経験をつむことができます。

■演習参加詳細

・演習時間:1日7時間(10時~18時)
・参加費 :12万円/人
・演習回数:4セット(45分 x 4回)/日
・最小催行人数:8名様
 (当該人数に達しない場合は、10 営業日前に講座を中止する可能性がございます)
・配布物 :演習記録と解説資料(終了後)
・演習解説:全セット終了後に解説講義
・開催場所:GSXトレーニングセンター(最寄り駅:JR浜松町/ゆりかもめ竹芝)
 ※お客様先での開講も可能です、詳しくはお問合せください

◆GSXの考える認定資格ポジショニングマップについて

[画像1: (リンク ») ]

 上図のように、EC-Councilセキュリティエンジニア養成講座公式トレーニングであるCND/CEH受講後の実戦経験をご提供する場として、Micro Hardening:Enterprise Editionをご提案します。Micro Hardening:Enterprise Editionは、実インシデントを体験し、手が動かせるエンジニアを育成するための他に類を見ない超実践型トレーニングです。
 他、独自コンテンツに関してはEC-Councilセキュリティエンジニア養成講座公式トレーニングにおけるATCパートナーとともに開発/提供しております。

◆Micro Hardening:Enterprise Edition サービスローンチ記念キャンペーンについて

 この度のMicro Hardening:Enterprise Edition サービスローンチを記念して、2019年3月末までのご発注に限り特別価格にてご提供いたします。詳しくは以下Webサイトからご確認ください。
…………………………………………………………………………………………………
≪期間限定≫
Micro Hardening サービスローンチ記念キャンペーン
(講座内容/キャンペーン内容・条件/講座開講スケジュールについて/Webお申込み可)
…………………………………………………………………………………………………
(リンク »)
…………………………………………………………………………………………………
[画像2: (リンク ») ]



◆川口設計について

社名 : 株式会社川口設計
所在地 : 〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2丁目2番202
代表者 : 代表取締役 川口 洋
設立 : 2018年6月
URL : (リンク »)

<川口 洋 氏 プロフィール>

2002年
 大手セキュリティ会社に就職
 社内のインフラシステムの維持運用業務ののち、セキュリティ監視センターに配属
2013年~2016年
 内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)に出向
 行政機関のセキュリティインシデントの対応、一般国民向け普及啓発活動などに従事
2018年
 株式会社川口設計 設立

・株式会社川口設計 代表取締役
・内閣府本府 情報化参与
・文部科学省 サイバーセキュリティアドバイザー
・富山県警察本部 サイバーセキュリティ対策アドバイザー
・NICT CYDER 推進委員
・Hardening Project 実行委員
・Micro Hardening プロデューサー
・日本セキュリティオペレーション事業者協議会 技術WGリーダ
・セキュリティ・キャンプ講師

<提供サービス内容>
・人材育成/トレーニング
 サイバーセキュリティに関するトレーニングを提供します。

・アドバイザー/顧問
 サイバーセキュリティに対する疑問、不安を解決するためのお手伝いをします。

・コンサルティング
 セキュリティシステムやサービスの設計、構築、運用の支援を行います。

・啓発活動/リテラシー向上
 セキュリティに関する理解度および認知度向上のためのプレゼンテーション、講義を行います。

◆グローバルセキュリティエキスパート株式会社について

社名 : グローバルセキュリティエキスパート株式会社
本社 : 〒105-0022 東京都港区海岸1-15-1 スズエベイディアムビル4F
代表者 : 代表取締役社長 青柳 史郎
資本金 : 1億円
設立 : 2000年4月
コーポレートサイトURL: (リンク »)
EC-Councilセキュリティエンジニア養成講座: (リンク »)

―GSXは、サイバーセキュリティ教育カンパニーです―

わたしたちは、情報セキュリティ・サイバーセキュリティに特化した専門会社であり、セキュリティコンサルティング、脆弱性診断、サイバーセキュリティソリューションをはじめ、日本初のセキュリティ全体像を網羅した教育メニューや情報セキュリティ特化事業再生支援サービスをご提供しています。
以下のように「教育」という観点を各事業の軸に据え、お客様へセキュリティへの気づきを与え、セキュリティ市場を活性化する事で、日本の情報セキュリティレベル向上に貢献します。

・直接的な教育貢献
総合的な教育事業提供社として、EC-Councilセキュリティエンジニア養成講座を介してセキュリティエンジニアを輩出し、標的型メール訓練サービスやITセキュリティeラーニングであるMina SecureR及びサイバーセキュリティ演習サービスを介してお客様のセキュリティリテラシーを向上します。

・間接的な教育貢献
GSXの既存事業(脆弱性診断サービス、コンサルティングサービス、サイバーセキュリティソリューションサービス)を介して、各サービスに関係するサイバー犯罪やそのリスク、さらにお客様の現状の課題についての”気づき”と、対策の正しい進め方を提供することで、あらゆる事業活動を教育啓蒙の場として活用します。

・市場活性化としての教育貢献
お客様の情報セキュリティリテラシー向上のため、共にお客様をサイバー脅威などから守れる業界のプレイヤー(パートナー様)を増やすことを目指します。志を同じくするプレイヤーを増やすことで、さらなる市場の活性化を推進します。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]