編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

ObEN、中国の春節聯歓晩会(Spring Festival Gala)のためMCのAIを作成

ObEN, Inc.

From: PR TIMES

2019-01-30 08:12

パーソナルAI(PAI)MCは、CCTVの毎年恒例の春節(旧正月)プログラムで、ヒューマンMCとアバターMCと一緒に司会を務める

米カリフォルニア州パサデナ(2019年1月30日) -デジタル空間でのコミュニケーションに革命を起こすパーソナルアーティフィシャルインテリジェンス技術(PAI)を開発している人工知能(AI)専門会社のObEN Incは、1月28日に中国中央テレビ(CCTV)で放送される毎年恒例の春節の番組、春節聯歓晩会(Spring Festival Gala)でObENのパーソナル人工知能(PAI)技術を使用して作成された史上初の人工知能MCが登場したと発表しました。



CCTVは中国最大の放送ネットワークであり、世界中で50のチャンネルで様々なコンテンツを提供しています。春節聯歓晩会(Spring Festival Gala)は、急速に加速している国のデジタルおよび技術インフラを反映して、2011年に放送を開始しました。これにより、視聴者はオンライン、モバイルデバイス、ライブストリームのような新しいメディアプラットフォームで興味深いコンテンツを楽しむことができます。今年のネットワーク春節聯歓晩会(Spring Festival Gala)のMCは、Beining Sa(撒贝宁)、Xun Zhu(朱迅)、Bo Gao(高博)、そしてYang Long(龙洋)であり、ObENのパーソナルAI(PAI)技術によってこの四人の人工知能MCが作成されました。

[画像: (リンク ») ]

セレブやスタジオは常によりパーソナライズされたユニークな体験に視聴者やファンを惹きつける新しい方法を模索しているため、ObENの技術はエンターテインメント分野に特に適しています。 ObENが作成したPAIは、世界中の誰にも似ている外観を持っています。 AI技術で作成されたこのアバターは、ユーザーの声で歌い、流行りのダンスを同じく踊り、さらにはセレブがモバイルデバイスを介してファンと交流し、まるで現実でコミュニケーションを取るように感じさせることができる会話さえ可能にします。

CCTVは、春節聯歓晩会のため特別に提供されるWeChatのミニアプリの中で、ObENの技術の多様性を強調しました。アプリをダウンロードする視聴者は、4人のPAIのMCの中で一人を選び、パーソナライズされた新年の挨拶を友達や家族に送ることができます。セレブのPAIは、幸せな新年を願い、受信者にグリーティングビデオを送ります。パーソナライズされたボイスメールをファンに録音して送るセレブのビデオと同様に、これによりCCTVの視聴者全員が自宅でセレブMCのコンテンツを楽しんだり、デジタル技術の力で世界中の愛する人に幸せを広めることができます。これにより、PAIは今年のガラの「愛を家に」というテーマに最適です。技術を使い、家、都市、さらには国を越えて、新年を祝うことができます。

ObENの最高執行責任者であり、共同創設者であるAdam Zheng博士は、次のように述べています。

「春節聯歓晩会に参加させていただけるのはObENにとって光栄です。この番組でMCは最も優れた才能で司会を務めるため、弊社のPAI(パーソナルAI)がこのようなMCさんと一緒に旧正月を迎えることをとても嬉しく思います。」

中国でのAI分野の急速な成長、および先進国のAI技術の開発と育成に重点を置く政策を考えると、CCTVは今年のガラでAIの重要性を反映し、その技術の進歩を見せようとすると考えられます。 ObENのPAIを通してAIと人間が世界で最も人口の多い国で、どのように舞台を共有するか実証できる理想的な場になるでしょう。

昨年成功した一連のセレブとのパートナーシップの結果、ObENは春節聯歓晩会で技術を提供するために選ばれました。中国では偶邦として知られている - 訳したら「セレブクルー」となる同社は、業界初のヒューマン / PAIのデュエットミュージックビデオを、人気の高い女性アイドルグループSNH48と共にリリースしました。さらに、エンターテインメントと小売の特別な経験のために、有名な女優のDai Chunrongと有名な起業家、K11創設者兼会長のAdrian ChengのPAIを作成しました。

CCTVの中国の春節聯歓晩会(Spring Festival Gala)でObENのパーソナルAIをご覧ください。
youtube.com/watch?v=vrRrZGSCL3s


ObENのパーソナル人工知能(AI)の詳細については、oben.comをご覧ください。

ObENについて

ObENは分散型の個人用AI、パーソナル人工知能アバター(省略:PAI) の開発をしているAI専門会社です。ObENが開発しているAIアバターはユーザーとそっくりで、喋り方や考え方も同じの知的分身アバターです。ブロックチェーンの上で開発されたObENのパーソナルAI(PAI)技術はユーザが安全で分散化されたプラットフォームの上で独自のPAIを作成、使用、管理することを可能にします。2014年に設立されたObENはソフトバンク・ベンチャーズ・コリアや、テンセント、HTC VIVE Xの投資先企業であり、カリフォルニア州パサデナを拠点としています。

ObENの詳細情報についてはoben.comをご覧ください。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]