編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

合格率10%台の難関資格「行政書士」試験に合格した人の傾向を発表

株式会社フォーサイト

From: PR TIMES

2019-01-30 10:40

1月30日(水)2018年度「行政書士試験」合格発表

資格試験において高い合格率を実現する通信講座を提供する株式会社フォーサイト(東京都文京区/代表取締役社長:山田 浩司)は、「行政書士通信講座」受講生へのアンケート結果を元に、合格者の傾向を発表します。2019年1月30日(水)に2018年度合格発表が行われたタイミングで、どのような学習習慣が合格につながるのか参考にしていただければと考えます。
 ※フォーサイト2017年度「行政書士講座」受講生へのアンケート結果を元にしています。



【行政書士試験・合格者のポイント】



試験6~9カ月前から学習を始めた方が最も多かった。6カ月を切ると合格率が下がる傾向。
平日は2~4時間程度学習していた方も多く、不合格だった方と学習時間の面で大きな差が出た。
98%以上の合格者が休日も1時間以上学習しており、4時間以上学習した方も多かった。



■受験回数について
[画像1: (リンク ») ]

半数近い42.7%の方が2回以上の受験で合格を掴んでいる。


■学習期間について
[画像2: (リンク ») ]

85.4%の合格者が6カ月以上学習期間をとっていた。


■平日の学習時間について
[画像3: (リンク ») ]

2~4時間学習した合格者が35.2%だったのに対して、不合格だった方は19.3%と学習時間に差が出た。
1時間未満の合格者の割合は低かった。


■休日の学習時間について
[画像4: (リンク ») ]

6~8時間学習した合格者もおり、1時間未満だった合格者はわずか1.8%のみであった。


■学習時間帯について
[画像5: (リンク ») ]

深夜に学習していた割合が合格者の中では低かった。


■まとめ
・行政書士試験に合格するためには6カ月以上の学習期間をもつことが望ましい。
・1度で合格できなくても諦めずチャレンジする姿勢が大切。
・休日も学習時間を確保するなど、継続した学習が合格につながる。


■調査概要
・調査方法 :インターネットリサーチ
・調査地域 :全国 ・調査機関 :株式会社フォーサイト(自社調査)
・調査対象 :フォーサイト 2017年度「行政書士通信講座」受講生
・合計回答数 530件(一部設問に未回答者あり)
・調査日時 :2018年1月31日(水)~2018年2月21日(水)


■参考:「行政書士試験」全国平均合格率、2017年度=15.7%、2018年度=12.7%


■株式会社フォーサイト 会社概要
本社所在地:東京都文京区本郷6-17-9 本郷綱ビル1階
事業内容:教育・学習支援業(資格・大学受験のオンライン講座、書籍出版、販売)
取扱資格:行政書士、社労士、宅建、FP、簿記など
資本金:7,267万円(資本準備金2,767万円)
設立:1993年4月 代表者名:山田浩司
従業員数:121名(パート・アルバイトを含む)2018年11月末現在

『本件に関するお問い合わせ』
株式会社フォーサイト 広報課 担当:千葉
E-mail:y.chiba@foresight-inc.co.jp
URL : (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]