編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

外車王、輸入車メーカーの全体像が分かる「輸入車メーカー カオスマップ 2019」を公開

カレント自動車株式会社

From: PR TIMES

2019-01-30 11:40

有名ブランドを有する自動車メーカーをはじめ、海外に目を向けるとさらに多くのメーカーが存在

日本最大級の輸入車買取サービス「外車王」を運営するカレント自動車株式会社(本社:神奈川県 横浜市、代表取締役:江頭大介)は、2019年1月30日に海外の自動車メーカーを国別に配置した「輸入車メーカー カオスマップ 2019」を公開いたしました。



[画像: (リンク ») ]

■カオスマップ公開背景
日本自動車輸入組合(JAIA)が発表した2018年の外国メーカーの新車販売台数は、前年比1.1%増の30万9405台と過去2番目の高水準、また、中古車登録台数は前年比0.9%増の56万5190台で4年連続のプラスと、ここ数年の輸入車マーケットは非常に好調です。

以前に比べより身近な存在になっている輸入車ですが、有名ブランドを有する自動車メーカーをはじめ、海外に目を向けるとさらに多くのメーカーが存在しています。一人でも多くの人が輸入車について知っていただくキッカケになればと思い、カオスマップを公開することにいたりました。このカオスマップが輸入車を知る一助となれば幸いです。

PDF版は下記コーポレートサイトからダウンロードいただけます。
(リンク »)

【外車王とは】
輸入車に特化し、希少車にも対応できる国内最大級の輸入車買取サービスが「外車王」です。サービス開始以来、輸入車専門で全国出張査定が無料であることから日本全国でご利用いただき、外車買取価格納得度No.1(※1)まで成長を遂げております。
※1:2018年8月~9月 Fastask調べ (実査委託先:株式会社ジャストシステム)

【カレント自動車について】
カレント自動車株式会社は「新時代CarTech企業」を目指し、輸入車を中心に周辺事業を展開しており、情報×自動車のCarTechと呼ばれる分野での事業展開を強化しております。従来からの「輸入車のベストパートナー」として国内最大級の輸入車買取サービス「外車王」の運営をはじめ、輸入車の販売事業、整備事業、パーツ事業に加え、整備ネットワーク事業、Web事業、旧車を電気化するコンバートEV事業等を手がける新時代のCarTech企業です。現在は、国内にとどまらず海外事業も展開し、新時代のソリューションを提供することで自動車産業に貢献してまいります。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]