編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

【多言語アンケート開始】郡上市10スキー場の訪日旅行マーケティング強化で提携

一般社団法人地方創生パートナーズネットワーク

From: PR TIMES

2019-01-30 11:00

スノーリゾートも敷居の低い「観光・レジャー」市場開拓と「地域連携」の時代へ。

 一般社団法人地方創生パートナーズネットワーク(代表理事 村松知木 : 東京都渋谷区)と郡上市スキー観光安全対策協議会(会長 井森誠 : 岐阜県郡上市)は、2019年2月1日より雪遊び等、ファミリー利用が増え続ける中華圏等アジアからの訪日旅行者のマーケティング強化を目的として多言語の来訪者アンケート調査を開始します。



[画像1: (リンク ») ]

 両団体は、近年増え続ける訪日旅行者のスキー場利用者が「スノースポーツ」という目的だけでなく、雪遊び・体験などのファミリー向けで敷居の低い「観光・レジャー」である点に着目し、近隣の地域・観光施設等との連携により更に発展できると考えております。


 今回のアンケートの調査では、郡上市10か所のスキー場合同でスキー場の「来訪者調査」「満足度向上」だけでなく、郡上市内の観光・体験との連携による滞在型観光の潜在的ユーザーへの訴求を模索できるよう「近隣の訪問場所」や「利用空港」なども調べ、広域の周遊観光促進を目的とした調査としても活用します。


 アンケートの取得方法は、二次元バーコードからスマートフォンで回答するシステムを採用し「日本語」「英語」「簡体字」「繁体字」「タイ語」5言語で行い、回答者にはドリンクサービスの特典を付けてアンケートへの回答促進を図ります。


[画像2: (リンク ») ]

 また、アンケート結果は、郡上市などの近隣自治体の観光、グリーンシーズンを含めた体験メニュー開発など地域の観光関連事業者とも共有するほか、スキー場を活用した観光マーケティング事例となりうるようセミナーを4月以降(予定)に開催する計画です。


 今後も両団体は、来訪者のデータ分析に基づく持続可能な山間部の再生のため、来場者の満足度向上によるスキー場の活性化、近隣地域への観光で貢献を目指してまいります。


アンケートを実施する郡上市10スキー場一覧



[画像3: (リンク ») ]



1.ウイングヒルズ白鳥リゾート
2.郡上ヴァカンス村スキー場
3.鷲ヶ岳スキー場
4.高鷲スノーパーク
5.ダイナランド
6.ひるがの高原スキー場
7.ホワイトピアたかす
8.めいほうスキー場
9.アウトドアイン母袋スキー場
10.スノーウェーブパーク白鳥高原



二次元バーコードのアンケート 日本語・中国語(繁体字)


[画像4: (リンク ») ]

[画像5: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]