編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

パパ・ママに意識調査を実施 約83%が「家庭でも子どもにプログラミングを学んで欲しい」と回答 プログラミングも遊びながら学べる!子どもの創意工夫を引き出すロボットトイ「toio」を徹底解説

ソニー・インタラクティブエンタテインメント

From: PR TIMES

2019-01-30 15:40

次世代ワールドホビーフェア’19 Winter 東京大会 出展レポート



 ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は、1月26日(土)、27日(日)に幕張メッセにて開
催された日本最大級のゲーム&ホビーイベント「次世代ワールドホビーフェア’19 Winter 東京大会」にブース
出展いたしました。ブースには、キューブ型のロボットを操作しながら新しいあそびが体験できる「toio」や、
『月刊コロコロコミック』にて連載中の『けだまのゴンじろー』のスマホゲーム『けだまのゴンじろー フィッ
トエンドラン』、「キングダム ハーツ」シリーズ最新作となるPlayStation(R)4用ソフトウェア『KINGDOM
HEARTS III』の3つの試遊コーナーを用意しました。2020年より必修となるプログラミング教育に向けて、東
京大会では、「toio」コーナーに来場したパパ・ママを対象に『家庭でのプログラミング教育』の意識について
アンケート調査しました。
[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]



 
 

 【2020年に小学校でのプログラミング教育が必修化されますが、ご家庭でも子どもにプログラミングを学ん
でほしいと思いますか?】という質問に対して、「とても思う」または「思う」の回答が、全体の83%に及び
ました。しかしその一方で【現在、実際にご家庭でプログラミング教育をしていますか?】という質問に対し
て、76%が「いいえ」と回答。その理由を聞くと「自分自身がプログラミングについて全く分からないので、
何から始めればいいのか分からない」「身近にプログラミングを学ぶきっかけがない」という声があり、家庭
でのプログラミング教育に関心が高い一方で、これからのプログラミング教育に向けて準備ができていないパ
パ・ママが多いことが分かりました。

はじめてのプログラミング!子どもの創意工夫を引き出すロボットトイ「toio」で体験!
 子どもの創意工夫を引き出すロボットトイ「toio」コーナーでは、本体「toio」と同時発売となる3種類のタ
イトルをツアー形式で体験する“toio™体験ツアー”を実施しました。ツアーのなかで「toio」であそんでいる様
子を見ていたパパ・ママからは「あそびを通じて、自然にプログラミングの基礎に触れることができる仕組み
が良い」という声や、「子どもの興味を引き出すきっかけになりそう」「自分自身がプログラミングのことを
知らないので、子どもと一緒に学んでみたい」などの感想がありました。また、“toio™体験ツアー”に参加した
女の子に感想をきくと「カードの上にロボットを乗せると色んな動きをして面白かった。今度はママと一緒に
やりたい!」と話してくれました。

開発者に聞いた!友達や親子、みんなで楽しめる「toio」の魅力とは?

[画像3: (リンク ») ]

あそびの本質とは何でしょうか?あるいは、人が楽しいと感じることとは何で
しょうか?それは、自分にチャレンジを与えて、それをクリアする達成感だと思
います。「toio」は物理的なモノで色々な工夫を試しながら考えることができま
す。それは、プログラミング的な考え方の、第一歩とも言えるでしょう。
「つくって、あそんで、ひらめいて。」このループをどんどん回すという原体験
を子どもには身につけてほしいです。人が楽しいと思う本質をついた「toio」だ
からこそ、友達や親子、みんなで楽しんでいただけると思っています。
(toioTM博士/コンセプト発案・UX開発 アンドレ・アレクシー)

“toio™体験ツアー”で「toio」の3つのタイトルを子どもたちが初体験
『工作生物 ゲズンロイド』
[画像4: (リンク ») ]

紙工作とキューブで現れる未知の生物たちの中から3種類を体験。プログラ
ムを読み込んだことで不思議な動きを繰り返す生物の様子に、参加した子ど
もたちは興味深々の様子。特に人気だったのは“めだま生物”でした。特徴的
な大きな目玉をキューブに取り付けプログラムを読み取ると、もうひとつの
キューブの“餌”を探して目玉が動き、追いかけ始めます。追いかける動作も
奇妙で、子どもたちは夢中でキューブの“餌”を動かしていました。

『トイオ・コレクション』
[画像5: (リンク ») ]

5種類あるゲームの中から、ブロックで作られたファイターをキューブに乗
せて、手元のリングで操作しバトルを楽しむ“クラフトファイター”を体験し
ました。子どもたちは自分で選んだ必殺技カードをキューブに読みこみ、真
剣な表情でタイミングを見ながら必殺技を発動して対戦を楽しんでいました。

『GoGo ロボットプログラミング ~ロジーボのひみつ~』
[画像6: (リンク ») ]

プログラミングの3つの基本要素(順次、分岐、反復)が楽しみながら身に
つく冒険絵本に挑戦しました。ミッションをクリアするために「めいれいカ
ード」を並べてキャラクターを乗せたロボットに読み込ませます。スタート
からゴールまで辿り着くにはどのようにカードを並べれば良いかを試行錯誤
し、最後にはひらめきと達成感で笑顔になっている姿が見受けられました。
保護者の方からもプログラミングというテーマとお子様の楽しむ様子から非常に興味をもっていただき、スタッフへの問い合わせが最も多いタイトルでした。

2019年春からのテレビアニメ化も決定した『けだまのゴンじろー』スマホゲームとシリーズ最新作
PlayStation(R)4用ソフトウェア『KINGDOM HEARTS III』が体験できる!
『月刊コロコロコミック』2018年10月号より漫画連載を開始した『けだまのゴンじろー』コーナーでは、
ゴンじろーの毛玉ならではのアクションを駆使しゴールを目指す、爽快ランアクションゲーム『けだまのゴンじ
ろー フィットエンドラン』の試遊を実施しました。また、ステージではゲームやアニメ化、ホビー展開の情報
を紹介するステージイベントや、2つのチームに分かれて獲得スコアを競い合うゲーム対決が行われました。
[画像7: (リンク ») ]

[画像8: (リンク ») ]


1月25日(金)に発売されたばかりの「キングダム ハーツ」シリーズ最新作と
なるPlayStation(R)4用ソフトウェア『KINGDOM HEARTS III』を体験できる試
遊コーナーでは、多くの人がおなじみのキャラクターたちとの冒険を夢中で楽し
む姿が見られました。また実寸台サイズのキーブレードや、ゲームに登場する人
気キャラクターたちとの記念撮影を楽しめるフォトスポットも登場しました。
[画像9: (リンク ») ]

[画像10: (リンク ») ]



「ソニー・インタラクティブエンタテインメント」ブースで出来る3つの体験

[画像11: (リンク ») ]

『けだまのゴンじろー フィットエンドラン』
配信日 :2019年4月予定
ジャンル :アクションゲーム
プレイヤー :1人
フォーマット :iOS , Android
販売元 : 株式会社フォワードワークス
(リンク »)
(C)SSAS/G


[画像12: (リンク ») ]

「toio」
「toio」は、子どもたち自らの創意工夫によってあそぶ楽しさが拡がる
ロボットトイです。様々なジャンルの「toio」専用タイトルと組み
合わせることで、直接おもちゃを触りながら操作し、アクションゲーム
やパズルゲーム、動きのある工作などのあそびを楽しむことができます。
発売予定日:2019年3月20日(水)
販売元 :株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント
(リンク »)

[画像13: (リンク ») ]

『KINGDOM HEARTS III』
発売中
ジャンル :RPG
CERO(対象年齢) :CERO A(全年齢対象)
プレイヤー :1人
フォーマット : PlayStation(R)4
                 販売元 :株式会社スクウェア・エニックス
                  (リンク »)
(C)Disney. (C)Disney/Pixar.
Developed by SQUARE ENIX

※「PlayStation」および「toio」は株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントの登録商標または商標です。

大阪大会への出展決定!「次世代ワールドホビーフェア’19 Winter」概要
<次世代ワールドホビーフェア>
名古屋・東京・大阪の全国3会場で開催され、入場無料で最新のゲームやホビーを体験することができる、日本
最大級のゲーム&ホビーのイベントです。

<今後の日程・開催場所>
大阪大会:2019年2月17日(日)京セラドーム大阪

<開催時間>

[画像14: (リンク ») ]

9:00 ~ 16:00(予定) ※15:45入場受付終了
■「次世代ワールドホビーフェア’19 Winter」公式サイト
(リンク »)
◼「ソニー・インタラクティブエンタテインメント」ブース詳細
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]