横浜スケートボード協会(YSA)、活動3年目スタートのお知らせ

特定非営利活動法人横浜スケートボード協会 2019年01月30日

From PR TIMES

~スケートボードをライフスタイルに~ 身近なスポーツとしてスケートボードの普及に取り組む横浜のNPO法人

横浜スケートボード協会(Yokohama Skateboarding Association、略名YSA)は、1.横浜市18区に1つずつのスケートパークを、2.新横浜パークの施設の充実を、3.横浜市には「スケートボード禁止」の公園がないように、を目標に掲げ、スケートボードスクール、デモ演技、行政や関連団体や仲間との対話などの活動を行う特定非営利活動法人(NPO)です。この度、3年目の活動を迎え、スケートボードのことがワンストップでわかるホームページも整備しました。



スケートボードは、2020年の東京オリンピックの競技として初めて追加されました。
それにより昨今では、スケートボードへの関心は一段と高まり、全国的に専用のパークも徐々に増えてきています。

[画像1: (リンク ») ]



一方で、住宅地や商業地での滑走による騒音や破損の問題やゴミの放置等、一部のスケーターのマナーに起因する課題もあり、本場アメリカに比べると、スケートボードを楽しむことができるエリアはまだまだ限定的で、またパークの施設も更なる充実が求められています。

[画像2: (リンク ») ]



そのような中、日ごろから新横浜公園のスケボー広場など神奈川県下の施設でスケートボードを楽しむメンバーは、スケートボードの普及活動をより多くの皆さまに理解と協力を得て進めていくため、2017年6月に特定非営利活動法人横浜スケートボード協会(神奈川県横浜市、会長:小島秀彌)を設立。
この1月に第3期目を迎えました。
[画像3: (リンク ») ]



スケートボードの歴史や種類などが手軽に把握できるホームページを作成しました。
今後も、施設設備の充実やマナー向上を通じて、スポーツとしてのスケートボードが更に振興し、人々の健康や青少年の健全育成等に広く貢献してゆくような活動を行いたいと考えます。

[画像4: (リンク ») ]


<<団体概要>>
団体名: 特定非営利活動法人横浜スケートボード協会
事務所所在地: 〒220-0072 横浜市西区浅間町1丁目16番地4 fabric内
会長: 小島 秀彌
副会長(理事):土居勲
副会長(理事):尾利出あゆみ
事務局長(理事):土田望
監事 (理事):亀岡祐一
設立: 2017年6月
事業内容:
(1) スケートボードの普及啓発事業
(2) 前号に掲げる事業に附帯又は関連する事業
ホームページ:
内閣府NPO法人ポータルサイト:
(リンク »)
(リンク »)
Facebook: (リンク »)
instagram: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]