訪日外客数の増加に伴い、英語ができる人材のニーズ増 ~英語必須パート・アルバイト求人数が前年比1.55倍、時給中央値は1,300円(英語が必須ではない求人時給の1.3倍)~

株式会社ビズリーチ 2019年01月31日

From PR TIMES

求人検索エンジン「スタンバイ」による求人動向調査

株式会社ビズリーチ(所在地:東京都渋谷区/代表取締役社長:南 壮一郎)が運営する求人検索エンジン「スタンバイ」( (リンク ») )は、英語や中国語など外国語が必須の求人の動向調査を実施しました。「スタンバイ」に掲載されるパート・アルバイト求人を対象に調査したところ、2018年12月に同サイトに掲載されたパート・アルバイト全求人231万件のうち、求人のなかに「英語必須」の単語を含む求人は前年同月比1.55倍(6万件)に増加していることがわかりました。また、「英語必須」の単語を含む求人の時給中央値は1,300円で、英語が必須ではない求人の時給中央値の1.3倍でした。この結果から、訪日外客数が増加するなか、英語ができるパート・アルバイトのニーズの高まりがうかがえます。



※本調査結果を引用する際は【求人検索エンジン「スタンバイ」調べ】とご記載ください。

[画像: (リンク ») ]

【スタンバイによる考察】
■訪日外客数の増加に伴い、販売員の求人で英語・中国語のニーズが増加
日本政府観光局によると、2018年の訪日外客数は前年比8.7%増の3,119万人で7年連続増加しています(注1)。「スタンバイ」における英語必須のパート・アルバイト求人数も前年同月比1.55倍となっており、訪日外客数の増加に伴い、求人数も増加していることがわかります。なかでも、英語必須の販売員のパート・アルバイト求人は前年比で1.54倍(3,400件)、時給中央値は英語が必須ではない求人の1.2倍(1,200円)でした。

訪日外客数を国・地域別に見ると、中国が最も多く、前年比13.9%増の838万人(全体の27%)です。訪日外客の消費額を見ると、中国人の消費額は全体の34%を占めており(注2)、消費におけるそのけん引力の強さがわかります。「スタンバイ」における中国語必須の販売員のパート・アルバイト求人数は前年比1.58倍(1,900件)で、時給中央値は中国語が必須ではない求人の1.1倍(1,100円)でした。また、販売員のパート・アルバイト求人数が前年比1.1倍(28万件)であるのと比較し、中国語・英語必須の販売員のパート・アルバイト求人数は増加しています。

■訪日外客の飲食費の増加に伴い、英語必須の飲食店関連の求人が増加
観光庁によると、2018年の訪日外客の飲食費は前年比10%増の9,758億円(注2)です。「スタンバイ」においては、飲食店関連のパート・アルバイト求人数は前年比1.02倍(5万件)であるのに対し、英語必須の飲食店関連のパート・アルバイト求人数は前年比1.65倍(3,700件)となっています。

■「モノ消費」から「コト消費」へ。日本の美容院に行く訪日外客向け英語・中国語必須求人も
訪日外客のなかには、技術力の高い日本の美容院に行きたいというニーズもあり、日本の美容院を事前予約できる中国人旅行客向けの美容ポータルサイトも存在します。「スタンバイ」における「美容院 英語必須」または「美容室 英語必須」の単語を含むパート・アルバイト求人の時給中央値は1,300円で、英語が必須ではない求人の時給中央値の1.3倍(求人数は324件)、「美容院 中国語」または「美容室 中国語必須」の単語を含むパート・アルバイト求人の時給中央値は1,200円で、中国語が必須ではない求人の時給中央値の1.2倍(求人数は115件)となっています。これは、初訪日外客や団体観光客は「モノ消費」が中心なのに対し、富裕層や個人観光客の一部は「コト消費」へと興味が移ってきている表れであると思われます。実際、美容院に英語と中国語が話せる店員を置いたところ、中国人などの来店が増加したという事例もあるそうです。

今年の中国の春節(旧正月)は2月5日で、その前後を含め最大で7日間の連休となるため、2月は中国からの訪日外客が増加すると予想されます。2018年2月の中国人の訪日外客数は約71万6,000人(注3)で、春節は日本のインバウンド産業に、大きな影響を与えています。また、政府は2020年に訪日外客数を4,000万人、その消費額を8兆円とする目標を掲げており、今後も英語・中国語必須の求人は増加すると予想されます。

(注1)日本政府観光局(JNTO)「訪日外客数2018年12月および年間推計値を発表 過去最高の3,119万2千人」
(リンク »)

(注2)観光庁「【訪日外国人消費動向調査】2018年全国調査結果(速報)」
(リンク »)

(注3)日本政府観光局(JNTO)「2018年 訪日外客数(総数)」
(リンク »)

【調査概要】
・調査日:2018年12月31日(比較データの調査日は2017年12月31日)
・調査日時点で、複数の求人情報サイト、企業の求人ページ、ハローワーク等に掲載されているパート・アルバイト求人(全231万件)を対象に、求人のタイトルまたは本文に調査した単語を含むものを集計
(比較した前年同日の調査対象求人は200万件)

■求人検索エンジン「スタンバイ」について
「スタンバイ」は、正社員、アルバイト・パート、派遣社員など、国内の全業種・全職種・全雇用形態を対象に、職種・業種などの「キーワード」や「勤務地」を指定し、複数の求人情報サイト、企業サイト、ハローワーク等の900万件以上の求人を一括で検索できるサービスです。全雇用形態を対象にしているため、自分に合った仕事を効率的に探せます。
参照URL: (リンク »)

サービス名:スタンバイ
URL: (リンク »)

ダウンロード方法:
iOS版:「App Store」を選択→「スタンバイ」を検索
Android版:「Google Play」を選択→「スタンバイ」を検索

対応機種・ブラウザ:
<アプリ>
・iOS版:iOS 9.0以降
・Android版:Android 4.1以降
<ブラウザ版>
・Microsoft Edge(最新)、Internet Explorer 10以上、Apple Safari(最新)、Mozilla Firefox(最新)、Google Chrome(最新)

配信地域:日本
対応言語:日本語
利用料金:無料

■株式会社ビズリーチについて
「インターネットの力で、世の中の選択肢と可能性を広げていく」をミッションとし、2009年4月より、人材領域を中心としたインターネットサービスを運営するHRテック・ベンチャー。東京本社のほか、大阪、名古屋、福岡、シンガポールに拠点を持ち、従業員数は1,300名(2019年1月現在)。即戦力人材と企業をつなぐ転職サイト「ビズリーチ」や、挑戦する20代の転職サイト「キャリトレ」、人材活用プラットフォーム「HRMOS(ハーモス)」、求人検索エンジン「スタンバイ」、事業承継M&Aプラットフォーム「ビズリーチ・サクシード」などを展開。参照URL: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]