編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ロボットと拡張現実を人工知能で融合させたコミュニケーションツールを提供するRobosion(ロボジョン)社が、スタンフォード大学専用アクセラレータのStartXに採択。

IDATEN Ventures合同会社

From: PR TIMES

2019-01-31 10:55



プレスリリース
2019年1月31日
IDATEN Ventures (イダテンベンチャーズ)

ロボットと拡張現実を人工知能で融合させたコミュニケーションツールを提供するRobosion(ロボジョン)社が、スタンフォード大学専用アクセラレータのStartXに採択。

IDATEN Ventures(本社:東京都港区、代表パートナー足立健太)が出資するRobosion, Inc.(本社:米国カリフォルニア州、代表取締役社長 岩崎洋平、以下「ロボジョン」)がこのたび、米国スタンフォード大学の関係者のみから選別されるアクセラレータStartXに採択されました。
[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]

ロボジョンは、ロボットと拡張現実を人工知能を用いて融合させ、コミュニケーションのツールを提供するスタートアップ。ロボジョンの開発中のソフトウェアを使うと、ロボットとお話をしながら英語が出来るようになったり、まるで子供が砂場やレゴで遊ぶような感覚で、誰でも美しいアニメーションをプログラムできるようになります。完成したアニメーションを背景に、遊園地にある4次元シアターのように、ロボットを動かすことも計画されています。語学学習やプログラミング教育で著名なスタンフォード大学の元教授マイケル・カーター氏と一緒に開発が進んでいます。

StartX ( (リンク ») ) は、2018 Accelerator Ranking ( (リンク ») )では、Y Combinatorなどと並んで、トップのランキングを受けています。公表された資料では、StartXの参加企業は、他の一番良いアクセラレータに比べて、2倍の確率で、100億円を超える時価総額となり、85%の参加者は、過去8年間で成長中か買収をされています。StartXはエクイティを取らないことでも知られています。これまで多くの結果を出し、注目を集めています。

ロボジョンの代表取締役の岩崎洋平氏は、東京大学法学部在学中に司法試験に合格し、渉外弁護士として、ベンチャーキャピタルファンド、不動産ファイナンス、知的財産権、M&Aなどを経験。2010年にスタンフォード大学にてMBA を取得した後は、米国西海岸でスタートアップを起業・経営してきたシリアル・アントレプレナーです。一貫して、ハードコア・テクノロジーを使ったミッション・ドリブンなスタートアップを手掛けてきました。2017年8月にロボジョンを創業、現在に至っています。

ロボジョンとスタンフォード大学については、これまでにも、代表取締役の岩崎氏が、「人工知能を使ったスマートデバイスの分野でアジアが世界をリードするのか」というテーマの連続講義の中で、ロボジョン社について、スタンフォード大学で授業(講演ウェブサイト (リンク ») )をするなどの形で関係があります。人工知能のソフトウェアエンジニアをはじめ、ロボジョンのチームメンバーの多くは、スタンフォード大学に関係しています。

StartXについては、ウェブサイト上に以下の統計が公開されています。
[画像3: (リンク ») ]




ロボジョンについて

ロボジョンは、人間には、自分の感情やストーリーを、相手に対して伝えて、仲良くなりたいという本能があるという理念に基づいて創業されました。この本能を、最新の人工知能を用いたソフトウェアで刺激をすると、外国人とお友達になるような感覚で語学学習が出来たり、砂場で遊んだり、お絵かきをする子供のようなインスピレーションを得て、より深いコミュニケーションを学ぶことが出来ると考えています。
StartXへの参加を通じ、ロボジョンは今後より一層の飛躍を目指しております。

Robosion, Inc
代表者   CEO 岩崎洋平
所在地   米国カリフォルニア州アーバイン
設立    2017年8月
URL     (リンク »)


IDATEN Venturesについて

製造業及び物流業を支える技術やサービスを開発するスタートアップへ特化した投資を展開するベンチャーキャピタルファンド。ロボジョンについては、ヒューマノイドをはじめとするハードウェアに命を吹き込むことで製造業の可能性を拡張するものとして投資を実行。

IDATEN Ventures
代表者   代表パートナー 足立健太
所在地   東京都港区
設立    2017年10月
URL     (リンク »)


問い合わせ

(リンク »)

[画像4: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]