編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

LINEチケット、スポーツチケットの取り扱いを本日より開始、プロ野球やJリーグなど各チームの公式戦チケットを販売

LINE株式会社

From: PR TIMES

2019-01-31 12:40

友だちへのチケット分配もLINE上で簡単、スポーツ観戦をもっと身近に各チームによるLINE公式アカウントも続々登場

LINE TICKET株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:舛田 淳)は、当社が運営する次世代の電子チケットサービス「LINEチケット」において、プロ野球・Jリーグをはじめとするスポーツチケットの取り扱いを本日より開始いたしましたので、お知らせいたします。また、スポーツチケット取り扱いにあわせ、トップページにスポーツタブを導入します。



[画像1: (リンク ») ]

「LINEチケット」は、幅広いジャンルのチケットを「LINE」から手軽に検索・購入・発券できる電子チケットサービスです。購入したチケットは「LINE」で送られるので、コンビニエンスストア等の店舗での発券手続きは不要、当日の入場まで「LINE」ひとつで完結することができます。
2018年10月のサービス開始以降、音楽や演劇チケットをはじめ、格闘技やアニメ系イベントなど様々なチケットを販売、「LINE」から情報を受け取って、「LINE」上でそのまま購入できる手軽さに好評をいただいております。

そして本日より、「阪神タイガース」「オリックス・バファローズ」「北海道日本ハムファイターズ」といったプロ野球や、Jリーグの各チームの公式戦チケットの取り扱いを開始いたします。

購入したチケットは、店舗での発券手続きが不要なので、試合当日に購入した場合でも、チケットを発券しにいく必要がありません。さらに、スポーツチケットはチケット代金以外の手数料(システム利用料、発券手数料、配達手数料等)が0円なのも、電子チケットを扱う「LINEチケット」の魅力です。「LINE」のトークで友だちにチケットを送ることもできるので、ご家族はもちろん、友だち同士で気軽にスポーツ観戦を楽しむことができます。


■TOPページに「スポーツタブ」が登場

[画像2: (リンク ») ]

スポーツチケットの取り扱い開始にあわせて、アプリデザインもアップデート。トップページに、「音楽・演劇」タブと「スポーツ」タブを導入しました。これにより、お目当てのチケット検索が簡単にできるようになります。


■取り扱いスポーツチケット一覧 ※1月31日時点
取り扱いスポーツチケット一覧は下記をご覧ください。
「LINEチケット」でしか買うことができないプレミアムシートのチケット販売を提供するチームもございます。今後も順次、様々なスポーツチケットの取り扱いを拡充していく予定です。
[画像3: (リンク ») ]

[画像4: (リンク ») ]

[画像5: (リンク ») ]


「LINEチケット」は、「LINE」でのコミュニケーションをきっかけに、スポーツというエンターテインメントとの距離を縮め、スポーツ観戦の盛り上げを目指します。


【LINEチケットの特徴】
■取り扱いチケットは、100%電子チケット
「LINEチケット」で取り扱うチケットはすべてが電子チケットです。「LINE」上からチケットの検索・購入・発券が可能となっており、当日の入場までがLINEひとつで完結します。これまでのチケットを発券する手間や配送料から解放され、チケット紛失を心配する必要もありません。決済は、クレジットカード決済、コンビニ決済、LINE Pay決済に対応しております。
購入したチケットは、普段トークをするのと同じように友だちとシェアすることもでき、イベント当日はスマートフォンに送られた電子チケットを見せるだけで入場が可能な、簡単・便利なプラットフォームとなっております。


[入場イメージ]
[画像6: (リンク ») ]


■行けなくなってしまったチケットは、「公式リセール機能(二次販売)」で販売可能
チケットを購入した後、ライブやイベントへ行けなくなってしまった場合も「公式リセール機能」を活用してリセールすることができます。リセールの可否、リセール設定価格は興行主側がチケットごとに事前に決めており、悪質な高額チケットの販売や大量購入を防止し、イベントに行けなくなってしまったユーザーと興行主の両者に適切かつ安全なプラットフォームを提供します。(※一部対象外あり)

今後は、LINE公式アカウントや「LINE MUSIC」、「LINE LIVE」といった各サービスと連携し、ユーザー自らが探しにいかなくとも、ユーザー属性や興味関心データなどに基づいて、“当日券があるオススメの公演”情報を配信するなど、パーソナライズされた情報をオススメできるようなアップデートを予定しています。


■「LINEチケット」概要
対応言語:日本語
サービス地域:日本
サービス開始日:2018年10月10日
公式サイト: (リンク »)
公式ブログ: (リンク »)
公式Twitter: (リンク »)
公式LINEアカウント:LINEチケット (@lineticket_jp)

■「LINEチケット」How To動画
・電子チケットの受け渡し  (リンク »)
・電子チケットを発券し、入場準備  (リンク »)
・電子チケットで入場  (リンク »)

■「LINEチケット」イメージ動画
「LINEが電子チケットに。」  (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]