Blue PrismのConnected(コネクテッド)RPAが、コラボレーションによる革新とインテリジェントオートメーションの 新時代を開く

Blue Prism 2019年01月31日

From PR TIMES

Connected-RPAにより最先端のクラウド、AIおよびコグニティブを駆使する、次世代のデジタルワーカーを提供

Blue Prism株式会社は、本日、Connected-RPA(コネクテッドRPA)ビジョンについて発表しました。これは、企業が最先端のクラウド、AIおよびコグニティブ技術に簡単にアクセスして活用できるようにすることで、革新的方法で競争力を保てるようにし、新製品やサービスを市場に出すまでの時間の短縮も図れるようにするものです。Blue PrismのConnected-RPA構想は、改善マインドを持った従業員が高度なデジタルワークフォースを活用することによって、より創造力と革新的な力を発揮する「デジタルイノベーター」となり、既存の価値基準を打ち砕くような新しいサービスを考案、設計して迅速に展開する場でより活躍できることを目指します。



*当報道資料は、2019年1月24日(現地時間)に、英国ロンドン/米国テキサス州オースティンにおいて発表されたプレスリリースの抄訳です。原文と本抄訳の差異に関しては、原文が優先いたします。予めご了承下さい。

[画像: (リンク ») ]


【2019年1月31日】 世界中で新たな働き方を実現するデジタルワークフォース、RPAソフトウェアのリーディングプロバイダーであるBlue Prism(〔AIM: PRSM〕( (リンク ») )、本社:英国ロンドン、CEO:アレスター・バスゲート)の日本法人であるBlue Prism株式会社(本社:東京都港区、社長:ポール・ワッツ)は、本日、Connected-RPA(コネクテッドRPA)ビジョンについて発表しました。これは、企業が最先端のクラウド、AIおよびコグニティブ技術に簡単にアクセスして活用できるようにすることで、革新的方法で競争力を保てるようにし、新製品やサービスを市場に出すまでの時間の短縮も図れるようにするものです。Blue PrismのConnected-RPA構想は、改善マインドを持った従業員が高度なデジタルワークフォースを活用することによって、より創造力と革新的な力を発揮する「デジタルイノベーター」となり、既存の価値基準を打ち砕くような新しいサービスを考案、設計して迅速に展開する場でより活躍できることを目指します。

現代において、企業はさまざまな危険にさらされ、競争上の優位性もいつ消えてしまうともしれません。企業のIT部門は、新たな計画に重点的に取り組むことを後回しにして、プロセスやシステムの維持・更新に多くの予算をつぎ込んでいます。これでは、企業間のデジタル格差を招き、先に変革を進めていく競合企業に対して優位性を保てなくなります。Blue Prismは、自己学習し、改善を継続できるインテリジェントデジタルワークフォースによってこの格差を小さくし、数億もの時間をビジネスに還元しつつ、ユーザーが何十億件もの処理を自動化できるようにしてきました。これにより、従業員は反復作業から解放され、革新を生み出し、共有できるようになりました。

NelsonHallのAI、RPAおよびブロックチェーン担当主席アナリストであるデイヴ・メイヤー(Dave Mayer)氏は次のように述べています。「Blue Prismが概要を示した、Connected-RPA構想の大きな特徴は、進化する自動化の力です。これは、従来のRPAの範囲を超えて大きく広がる構想で、AIやコグニティブなどがすでに搭載され、すべて揃ったオールインワンの強力なオートメーションプラットフォームをユーザーに提供します。本日新たに加わったロードマップと機能、特徴は、ますます拡大を続けるBlue Prismコミュニティの開発者、顧客、チャネルパートナーやテクノロジーアライアンスパートナーを見事に活用し、さらに強化します」

企業内にデジタルイノベーターを育てる
Connected-RPAによって、企業は強力なデジタル変革が可能になり、結果としてコネクテッドイノベーション企業が生まれます。これによって、企業に機敏性が増し、競争上の優位性を保つことができ、新規参入者や競合企業に対して迅速に対応できるようになります。

Blue Prism CEO兼共同創業者のアレスター・バスゲート(Alastair Bathgate)は次のように述べています。「Connected-RPA構想が目指すのは、統制を保った環境下で従業員がさまざまなイノベーションを創造し、互いに連携することにより、個々の力が結び付いて大きな力となることです。Digital Exchangeアプリストアで入手可能で、再利用可能な、インテリジェントオートメーションスキルを活用するConnected-RPAにより、企業は組織内のデジタルイノベーターを反復作業から解き放ちビジネスを推進する、よりクリエイティブな仕事に集中できるようにします」

Blue Prismは、このConnected-RPAビジョンを支える、強化された新しいプラットフォームの特徴、機能、拡張やコミュニティの充実についても発表しています。これらは当社のConnected-RPAの柱に直結し、数回のクリックでインテリジェントオートメーションを提供できるよう設計されています。Connected-RPA時代を支える新機能は以下のとおりです。

● Blue Prism Digital Exchange (DX) 2.0 ( (リンク ») ):ビジネスメンバーでも、AI、機械学習、コグニティブといった先進技術にドラッグ&ドロップで容易にアクセスできる、拡大を続けるオンラインコミュニティ。昨年末に立ち上げて以来、DXは、1,000人を超える登録ユーザー、300社を超える登録企業を抱え、戦略的パートナーであるIBM、MicrosoftおよびGoogleも含む先端技術のダウンロード数も1,000件を超えています。DXには新しい検索機能のほか、アセットの評価・コメント機能もあります。

● プロセスディスカバリーツール:自動化プロセスの準備状況、自動化のしやすさ、自動化効果について分析・管理しやすくし、デジタルワークフォースの導入により得られる利益を迅速に把握できるようにする、新たなウェブベースツールです。

● Blue Prism研究所:Blue Prismに組み込むAI機能の開発を推進する、さまざまなAI分野の科学研究者およびエンジニアから成るワールドクラスの専門家集団です。

● Blue Prismコミュニティ:知識、ベストプラクティスを共有するための新たな中心拠点であると同時に、協力を目指す事業経営者や開発者のネットワークでもあります。

これらによって、ユーザーはAI機能を迅速かつ容易に最大化できると共に、エンドツーエンドプロセスの完全な自動化が可能になります。企業は、IT側から認められ管理された環境で、ビジネス主導の自動化を可能にする拡張しやすい単一プラットフォームを手に入れることができます。

近日リリース予定
Blue Prismは、今後90日以内に以下の機能リリースを予定しています。

· インテリジェント文書処理は、Blue Prismプラットフォームに直接組み込まれる、AI搭載型の文書処理機能です。複数のソリューションを新たに購入したり統合したりする必要もなく、より賢い、エンドツーエンドのプロセスが可能になります。これによって、文書処理機能を手軽に利用できるうえ、デジタル化のための文書の分類、キー値ペアの抽出、エンコード検証ステップが可能なOCRシステムとしても機能します。

· 最新版のRPAソフトウェアとなるBlue Prism v6.5は、日本語および簡体字中国語に完全対応する機能を備え、IPv6をサポートし、使用する記憶容量を減らしつつ、より多くのデータを管理できるデータゲートウェイも備えています。

· サクセスアクセラレーター:RPA専門家ならびに最新のソフトウェアでRPAプロジェクトの成功を支援するプログラムです。

· Digital Exchange (DX)上ではeコマース/自販機機能を使って、ソリューションおよびサービスの売買が行えるため、完全なeコマースサイトとして機能します。ベストオブブリードのAIまたはコグニティブソリューションを販売するテクノロジーパートナーや開発者は、Blue Prism DXコミュニティに参加して営業や販売を行えます。

· Blue Prismソフトウェアへのアクセスがより一層簡単に:Blue Prismは、eコマース機能を活用し、自社の提供する最先端のRPAソフトウェアへのアクセスの拡大を予定しています。これにより、インテリジェントデジタルワークフォースに関する詳細やその可能性について簡単に確認でき、自動化への一歩を踏み出しやすくなります。これはDX上でアクセスできるようになり、昨年4月に提供を開始した、イノベーションと起業家精神を後押しするアカデミアプログラム ( (リンク ») ) をサポートします。

詳細については、2019年4月3日~4日にロンドンで開催予定のBlue Prism Worldで、Blue Prismのビジョンおよび今後の製品強化についてより詳しい内容をご確認いただけます。また、Blue PrismのConnected-RPAによって、コネクテッドイノベーション企業へと生まれ変わったお客様の生の声をお聞きいただくこともできます。世界最大規模のRPAフォーラムとなるBlue Prism Worldイベントは、またとないネットワーキングの機会ともなるでしょう。ご参加をお待ちしております。

Blue Prismについて
新規参入企業が市場を変革させることも珍しくないこのデジタル時代に生き残り、成功できるのは、状況に応じて的確かつ迅速に対応し、革新を進める企業だけです。ロボティックプロセスオートメーション(RPA)を世界に先駆けて開発してきたBlue Prismは、信頼できる安全なインテリジェントオートメーションとしてフォーチュン500に名を連ねる企業や公共機関に採用されてきました。そして今、Blue Prismは、企業のデジタルイノベーターが更なるイノベーションの力を得られるようDigital Exchange(DX)アプリストアがサポートするConnected-RPA(コネクテッドRPA)を提供します。

Blue PrismのConnected-RPAはミッションクリティカルな業務の自動化を可能にし、従業員がよりクリエイティブで意義ある仕事に専念できるようにします。現在、1,000社を超える主要企業のお客様がBlue Prismのデジタルワークフォースを活用しており、その結果、数億もの時間をビジネスに還元しつつ、何十億もの処理の自動化が実現されています。

Blue Prism(AIM:PRSM)の詳細は、www.blueprism.com/japanをご覧ください。また、Twitter @blue_prism ( (リンク ») ) やLinkedIn ( (リンク ») ) でBlue Prismをフォローしてください。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]